2016年7月31日 (日)

あれよあれよという間に

3年も放置していたとは。

その間になんていろんな事があったのだろう。
期間限定だけど、びっくり穏やかな生活をしている。
その間だけでも書こうかね。

| | コメント (0)

2013年7月25日 (木)

Heaven? -佐々木倫子

このオーナーの性格がすべてだよね

「動物のお医者さん」しかり、「おたんこナース」しかり、そしてこの本も。

 佐々木さんのマンガは 大抵わがままな人がいて、それをなだめる人がいて、皆がどっぷりマイペース。

 でもあきない。ここちよい。

 佐々木さんの書く話はいつも、無駄な恋愛感情がなく、さっぱりすっきり読める稀有なものが多い。

 

 この話の舞台はレストラン。
 いろんなお客もいて、出来事があって、それを凌駕するオーナーのわがままに、プチ主人公が、なんとなくふりまわされる。
 諦観という言葉を背負うのがぴったりなプチ主人公をみていると、世の中には役割というものがあってしまうのだなあ、と、しみじみ私も諦観してしまう。

 

 しかし、日常、あまり、というか、ほとんどフレンチを食べに行く、という機会がありません。そして特別な理由がない限り、積極的に行こうとも思いません。
 みんな、そんなものだと思っていたのですが、このマンガを読む限り、人は割と気軽にフランス料理に足を運ぶみたいです。

 お財布と相談しないと入れない場所、と感じるのはもう古いのか、それとも皆、金持ちなのか、ちょっと謎。
 

» 続きを読む

| | コメント (0)

2013年7月21日 (日)

静かの海

 山育ちなので、海はずっと憧れだった。だからずっと、海は海というだけで素晴らしく、どんな海だって構わなかった。
 
 今は違う。

 泳ぎに行きたい、と思う時、頭に広がる海はあざやかな青。少し高めの波から顔を出すと三方は山にかこまれて緑が広がる。
 
 日常、目にする海はどこまでも小石がしきつめられた海岸で、深い深い青色が私を安心させる。

 でも、海、と言われて思い出す海は、白い砂浜とところどころに見える岩、それを穏やかに洗う波、グリーンの海だ。
 懐かしい思い出を象徴する記念碑のようなもの。私にとっての静かな海。
 実家からみえる、南アルプスのようなものだ。ただ、懐かしい。
 
 どれもが手放しがたく、どれもが私の大事な海だ。
 それはおそらく、ひどく幸せな事なのだろう。

| | コメント (0)

2011年11月 2日 (水)

森に眠る魚 -角田光代

森に眠る魚 (双葉文庫)
誰も悪くない
 
 ドラマ「名前をなくした女神」を見たとき、その恐ろしさにはまりました。
 
 よくあるママ達の対立かと思ったらそうじゃない。誰もが普通の人なのに、「お受験」をめぐり、皆が少しずつ壊れていき、その壊れた部分で悪意が生じる。
 
 最近のドラマは、善人悪人がはっきりわかれていない。そこがものすごくリアルで怖い。
 
 
 それはさておき。
 
 この「森に眠る魚」。内容を知らず借りてきて、読んで、あれ?っと思いました。
 
 あのドラマによく似ている。
 
 でも、筋書きが似ているわけではない。「ママ友」としての仲間作り、お受験。そして、その壊れ方が、とても。
 
 ただ、こちらの方が、より怖い。
 
 ママ友一人一人の心理がより深く書かれている。そのどれもが、確かに、思いつめたら自分もしてしまいそうな、思い込みで、震えがくる。
 
 子供を生んでいない自分でさえ思うのだもの。実際に子育てまっさかりの方が読んだら、どんなに怖いだろう、と感じました。
 
 
 もしやドラマの原案だろうかと思ったけれど、違うみたい。でも、脚本の方はこれ、読んだのじゃないかなあ、と思わずにはいられない。

| | コメント (1)

2011年11月 1日 (火)

多重人格探偵サイコ  -田島 昭宇,大塚 英志

多重人格探偵サイコ (1) (角川コミックス・エース)
ペンでさらりとかかれた画がなお、えぐい

 「パタリロ」の最初の方のコミックスには、巻末にパタリロとは全く異なる短編がついていて、不思議怖いその短編が、私は結構好きでした。
 
 その中のひとつに、誰も真似できないほどの花を咲かせる花屋の話がありました。
 
 「サイコ」の一巻を読んだとき、その話を思い出しました。
 
 ぎょっとなりました。
 
 ぎょっとした理由は、「人間を含む生き物を養分にして花を咲かせようという考えを思いつく人が他にもいるんだ」ではありません。

 「この作者はもしかして、パタリロのあの話を読んだのかもしれない。そして、ちょっとやってみたい、なんて思ってしまったのかもしれない。私のように。」と、感じたからです。
 そして、やってみたい、なんて思ったかつての自分を思い出したからです。
 
 
 そのエピソードは「サイコ」の本筋とはあまり関係はありません。
 
 「サイコ」は、多重人格の果てに生まれた特別な人格「雨宮一彦」をめぐる物語です。
 
 でもこの、規制がかからないか心配になるような思想や、エグいシーンのはずなのに綺麗にみえてしまう画はどうしても、パタリロのあの話を思い出さずにはいられない。
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

«LOST