« 6次の隔たりよりも遠い | トップページ | ショーシャンクの空に »

2006年6月18日 (日)

プレゼントをあげる -吉野朔実

プレゼントをあげる Book プレゼントをあげる

著者:吉野 朔実
販売元:大和書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

捨てられない荷物を、犬がくわえてもっていってくれるのは確かに理想的

 あまり、認めたくはないのだけど、多分、今、私はすごくすごく寂しいのだと思う。

 そうでなければ、大好きな吉野さんの本の中で、これを思いつきはしないだろうから。

 最初にはまった「少年は荒野をめざす」、一話完結の「恋愛的瞬間」、読むとますます読みたい本がふえる「お父さんは時代小説が大好き」等々。吉野作品にはどれもこれも、私は影響をうけやすい。

 でも、今はこの本が気になる。読んで、かなしくなる自分がいる。悲しい自分を認めてしまう。

 「プレゼントをあげる」の主人公は、完璧な、平穏無事な一日をすごしている。あまりに平穏すぎて孤独であることに本人も気づいている。

 「私はただ孤独だった。人の悲しみを羨ましがるほどに。」と、主人公は思う。

ただ、彼女は、そこでおわらない。

 「孤独が私を傲慢にすると知る」

と、次に続けている。冷静に、自分のさみしさを知る。うけとめる。考える。

 自分がどうしたいのかは、体のほうが知っていて、彼女は夏にむかって歩き出す。

  この本は、いわゆる「大人のための絵本」なので、こんな小難しい説明は不要のはず。なのに、こんな説明しかできない私。

 同じことをもっとシンプルに伝えられる吉野さんは、やっぱりすごい。

|

« 6次の隔たりよりも遠い | トップページ | ショーシャンクの空に »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36039/2278384

この記事へのトラックバック一覧です: プレゼントをあげる -吉野朔実:

« 6次の隔たりよりも遠い | トップページ | ショーシャンクの空に »