« 散り行く花 | トップページ | サエない女は犯罪である -笠原 真澄 »

2006年6月 1日 (木)

さよならスナフキン-山崎マキコ

さよなら、スナフキン さよなら、スナフキン

著者:山崎 マキコ
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この人の話はいつも、どこかを刺激する

 MyCom PC Webの、同名のコラムを、むさぼるように読んだ。

 主人公は、けなげでけなげで、どこか調子っぱずれで、読んでいてつらい。

 なぜ、つらいかって、それは私も日々感じている部分だからだ。

 自分と他人の違う部分、でも、言葉で上手く伝えられない部分を、山崎さんは本当に上手に言葉にする。

山崎さんの書かれる小説、エッセイで、はじめて理解できた、自分の気持ちがたくさんある。

ただ、連載されていた同名のコラムはあまりに共感できて、自分と重ねすぎてくらくらするけど、

小説として出版されたこちらの方は、あくまで小説であることをそっと伝えてくる。

共感できることがあっても、主人公は、あなた自身じゃないんですよ、と、控えめに、でも、確実につきはなす。

この差は大きい。

もしかしたら、コラムの方が生生しくて好きだという人の方が多いのかもしれないけれど、

それでもやっぱり、小説家 山崎マキコを支援せずにはいられない。

だって、彼女は、間違いなく確実に、小説家なのだもの。

|

« 散り行く花 | トップページ | サエない女は犯罪である -笠原 真澄 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36039/2021761

この記事へのトラックバック一覧です: さよならスナフキン-山崎マキコ:

« 散り行く花 | トップページ | サエない女は犯罪である -笠原 真澄 »