« 陽暉楼 | トップページ | 愛人(ラマン) »

2006年6月14日 (水)

人魚變生 -山田章博

山田章博の世界 ファンタジー アートワークス Book 山田章博の世界 ファンタジー アートワークス

著者:山田 章博
販売元:ソフトバンククリエイティブ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

本当のおすすめは「人魚變生」なのだけど、画像がなかったので。

 子供の感性は優れている、とは思わないけれども、今になってから、「何故、あの頃、これに私は眼をつけたのだろうか?」と思ってしまうものは結構ある。

 もちろん、それらは今でもすきなのだけど、これだけたくさん本だのマンガだの映画だのあるなかで、「何故、これに??」と首をひねる。当時の自分の感性は、やはり今より優れているのか?

 山田章博さんの「人魚變生(にんぎょへんしょう)」のハードカバーは姉が当時の彼氏からもらったものだった。

 姉に毎夜のりうつる、死んだ妹。人間に恋するマネキンと話をする猫、貝殻骨でつくった風鈴をゆずりうける男。そんな幻想的な短編が、ものによってはたった2,3ページで語られる。

 私の中で「マンガ」と判断していいのか悩むようなその絵。線一本で女の横顔がつくられ、一筋の流れで、死んだ女の髪だとわかる。

 と、思えば、書き込みに書き込まれた小悪魔のマンガ。だけどラストの小悪魔の昇天シーンは、仏教とキリスト教が手をつないだような不思議な宗教画のようだった。

 細かく書いて書いて、途中でやめてしまったような余白がまたなんともいえず。その、昭和初期の日本とも、支那ともつかない世界に、くらくらきた。

 せりふまわしも格好よく、でてくる登場人物はみな、粋だ。粋すぎて、無駄なせりふがなくて、おかげで当時はその裏にある意味がわからなかった覚えがある。そんなところも多分、気に入っていたのだろう。

 と、べた誉めしてしまったが、現在の山田さんの著作は一冊くらいしか持っていない。

なんというか、山田さんではなく、「人魚變生」にはまったのだろうな、と思いつつ、未だに「人魚變生」は私のものではなく、実家にひっそりと眠っている。

|

« 陽暉楼 | トップページ | 愛人(ラマン) »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36039/2220802

この記事へのトラックバック一覧です: 人魚變生 -山田章博:

« 陽暉楼 | トップページ | 愛人(ラマン) »