« SAYURI | トップページ | 小説・捨ててゆく話/ちいさいモモちゃん - 松谷みよ子 »

2006年7月28日 (金)

永遠の野原 -逢坂 みえこ

永遠の野原 (1) Book 永遠の野原 (1)

著者:逢坂 みえこ
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

登場人物たちが、きちんと成長していく

   犬は外で飼うもので、もちろん洗ったりなんかしなくて、人間の残り物おじやが主食で、散歩の代わりに、鎖を外してしばらく放置。

 と、いうような、ペット愛好家がみたら憤死しそうな飼い方で、我が家は犬を飼っておりました。位置づけとしてはペットとしての犬ではなく、番犬なのでしょう。
 今も二匹飼われてて、私が実家に帰るたびにバイクの音に過剰に反応してくれます。

 猫もまた、ペットとしてでなく「ねずみとり」のお役目のために飼われているのでしょうが、四六時中一緒にいる分どうしたって情がわくので、犬より猫派になってしまっています。

 

 この本にでてくる「みかん」という名の犬は座敷犬です。だから主人公達との生活は、私と犬の関係よりも、私と猫の関係に近い。

 ただ、犬が飼い主にしてくれる、さりげない親切や行動は、猫とはあきらかに違う。

 主人公たちを守るがごとく騒音にたちむかったり、
 いつのまにか、近くで眠ってくれるようになったり、
 自分が苦しんでるときに布団に入ってきてくれたり。

 主人公達の、一言ではいいにくい、でも、皆が感じたことのあるちょっとした心の動きを補完するように、みかんの、そんな行動がそっとやさしく描かれている。

 決して、犬中心のマンガではないのに、犬との暮らしもしてみたいな、と、ふと思ってしまう。

|

« SAYURI | トップページ | 小説・捨ててゆく話/ちいさいモモちゃん - 松谷みよ子 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36039/2832995

この記事へのトラックバック一覧です: 永遠の野原 -逢坂 みえこ:

« SAYURI | トップページ | 小説・捨ててゆく話/ちいさいモモちゃん - 松谷みよ子 »