« Discography -Pet Shop Boys | トップページ | 寿司屋のかみさんおいしい話 -佐川 芳枝 »

2006年8月25日 (金)

海辺のカフカ -村上 春樹

海辺のカフカ (上) Book 海辺のカフカ (上)

著者:村上 春樹
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

結局、海辺ではなく電車で読んでしまった

 なんにつけ、「答え」が気になって仕方ありません。

 なぞなぞ、手品、ありとあらゆる試験問題、ミステリー。

 自分が答えを、あってようが間違ってようが予想できた場合は、まだ我慢できますが、全く予想できなかった場合は、我慢がききません。

 世界の七不思議、ビッグバンの前、ミクロの世界、等、誰も知らないならばともかく、誰かが「答え」を知っているのなら、知りたい。知りたくてたまらない。

 だから、春樹さんより、龍派なのかもしれません。

 「パン屋再襲撃」、「羊男のクリスマス」の、あまりに説明のないメタファーについてゆけなかった。

 

 で、「海辺のカフカ」。

 驚きました。 

 村上春樹さんのは苦手、と、遠ざかっていたのを後悔したほど、面白かった。

 

下巻の途中までは。

 

 説明がほどよくされている、でも、全く答えがわからないメタファーの数々は、今回も、やっぱり、あくまでメタファーなので、謎解きはされず。

 ミステリーとは違うから、答えを期待しちゃいけないのはわかっていますが。

 答えがないからこそ、何度も楽しめるのもわかっていますが。

 「世界の万物はメタファーだ。我々はメタファーを通してアイロニーを受け入れる」

大島さんはそういいますが。

 田村カフカも、カラスも、ナカタさんも、ジョニー・ウォーカーもカーネル・サンダースも。

 一見、普通?らしい星野さんも、佐伯さんも、大島さんも。

 その全てがメタファーなのはかまわない。

 では、一体「なんの」メタファーなのか? が、無粋だとわかっちゃいますが、ああ、知りたくてたまらない。

 

|

« Discography -Pet Shop Boys | トップページ | 寿司屋のかみさんおいしい話 -佐川 芳枝 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36039/3197927

この記事へのトラックバック一覧です: 海辺のカフカ -村上 春樹:

« Discography -Pet Shop Boys | トップページ | 寿司屋のかみさんおいしい話 -佐川 芳枝 »