« 海辺のカフカ -村上 春樹 | トップページ | 天邪鬼だと思ってた »

2006年8月26日 (土)

寿司屋のかみさんおいしい話 -佐川 芳枝

寿司屋のかみさんおいしい話 Book 寿司屋のかみさんおいしい話

著者:佐川 芳枝
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

一度いってみたい...

 昔、はまっていた演劇の話を、宴会の席で上司に話していたら、

 「本当に好きなんだねえ、眼が輝いてるもん。」と言われた。

 そんな事をいわれたのははじめてだったのだけど、それから注意して他の人をみていたら、本当に人は好きなことを話すときは眼が輝く。

 あれはなんなんでしょう?

 恋をしている人は眼がうるむ。それに近いものがあるのかもしれない。

 

 きっとそういう風に、「寿司屋のかみさん」こと、佐川 芳枝さんはお寿司について話すに違いない。

 そうでなければ、こんなに食べたくなる気分にさせられるわけがない。

 大きなお釜の底にのこったおこげでつくる、おにぎり。

 たっぷりと出汁のしみこんだ、玉子焼き。

 大量につくるからこその、深い味わいのしじみのお味噌汁。

 そして何より、四季折々でかわる、寿司ネタ。

 不思議なんだけど、文章なのに、いとおしいと思っていることが、ひしひしとわかる。

 で、食べたくなる。

  

 お寿司は好きですが、一人で寿司屋の暖簾をくぐるほど粋な女性ではありません。

 回転寿司だって、一人では行くにはためらいがあるし、それになんとなく気分がでない。

 そんな最近の私のお気に入りは、立ち食い形式のお寿司屋さん。

 女の人一人も結構いて、気軽に入れるし、そこの「葉わさび」の手巻きがお気に入り。

 この本にでてくる、めずらしいネタもあこがれるのだけど、私がお寿司の味を楽しめる程度に肩肘はらないお寿司屋さんは、このへんがまだ限界みたい。

|

« 海辺のカフカ -村上 春樹 | トップページ | 天邪鬼だと思ってた »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

お寿司なら任せておけ、のチャーリーです。築地の場外が面白いですよ。外国人になりきって、「私、日本語、わかりましぇ~ん。ワサビ、リトル、リトルねぇ~」ってももんがさん。

回転もあるし、路地にカウンター形式のまぐろ丼あり、なかなか楽しめます。最高のネタがお安く楽しめます。一日中やってますが、朝がお勧めです。

投稿: チャーリー | 2006年8月26日 (土) 03時21分

>チャーリーさん
 築地には2回ほどいったことあります。
 友達にすすめられたお寿司屋さんに行っただけなので、他のお店は怖くてのぞけずw。
 
 外国人になりきる! やってみたいw。やってみたいけど、純日本人、大和民族の顔だから無理ですねー。

投稿: ももんが | 2006年8月26日 (土) 11時35分

ネットでネタや詳細を注意したい。

投稿: BlogPetのがんもも | 2006年8月26日 (土) 16時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36039/3208186

この記事へのトラックバック一覧です: 寿司屋のかみさんおいしい話 -佐川 芳枝:

« 海辺のカフカ -村上 春樹 | トップページ | 天邪鬼だと思ってた »