« ナイトメア-・ビフォア・クリスマス | トップページ | ラビリンス -STING »

2006年9月28日 (木)

場所 -瀬戸内 寂聴

場所 Book 場所

著者:瀬戸内 寂聴
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ドラマを先にみたせいか、イメージは宮沢りえさんです..

 林扶美子さん、宇野千代さん、岡本かの子さん、等々。

 今よりも、女性が正直に生きることが許されなかった時代に、自分の欲望に正直だったこの人達は、決して世間一般的には模範的な生活ではなかったかもしれません。

 そしてそういう人達が、じゃあ、今の世の中では許されるかというかというとそういうわけでもありません。

 潔ければ何でもいいと思っているわけではありません。やはり不道徳なものは不道徳かもしれませんが。

 作家自身の評価と、作品の評価は別と考えるべきでしょう。

  

 宮沢りえさん扮する瀬戸内 寂聴さんの半生を描いたドラマをみて興味がわきました。

 「場所」は、瀬戸内さん自身の過去に関係する様々な土地に、瀬戸内さん自身が再度、もしくははじめて訪れる形で書かれた私小説です。

 それは冷え冷えとするほど冷たい眼で、「一人の女性」として自分をみている作家の文章でした。

 作家だからなのか。

 現在の、出家されたという状態が生み出すものなのか。

 どちらにしろ、なんて怖いことをしているのだろう、という印象を強くもちました。

 この小説からみえる彼女自身は怖いけれど、そこから生み出されたこの作品は、怖いどころか恐ろしい。

 私が女だからなのか。

 自分にも、思い当たるふしがあるからなのか。

 それはわからないけれど。

|

« ナイトメア-・ビフォア・クリスマス | トップページ | ラビリンス -STING »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36039/3608465

この記事へのトラックバック一覧です: 場所 -瀬戸内 寂聴:

» 中田英寿と白雪の旅の行き先はどこに? [麻生けんたろうの中田英寿情報]
宮沢りえに関係する記事を更新しました。ご興味がありましたら是非ご訪問ください。尚、トラックバックは大歓迎です! [続きを読む]

受信: 2006年11月11日 (土) 12時35分

« ナイトメア-・ビフォア・クリスマス | トップページ | ラビリンス -STING »