« 今、幸せですか? -前編 | トップページ | はれた日は学校をやすんで -西原 理恵子 »

2006年9月23日 (土)

今、幸せですか? -後編

 あれからずっと気になっていた。たまに思い出しては反論を考えた。

 ようやく形になったのは、最近だ。

 きっかけは、不幸の定義だった。

 

 幸せかどうかを判断する場合、無数の条件が必要なのは間違いはない。

 その無数の条件の一つでもNoならば不幸である、と言っていた。

 彼は、幸せの判断を、無数の条件の論理積で処理していた。

 私がひっかかっていたのはそこだった。

 

 彼にとって「不幸」とは本当に「幸せにあらず」の意味でしかなかったのだ。

 けれど、私にとって「不幸」は、決してただの「幸せにあらず」ではない。神様から見放されている、そんな気持ちになる状態を意味する言葉だ。

 そこに気づいてようやく私は考え始めた。ただし、もう反論ではない。考え始めたのは、私が思う「幸せ」の判断方法だ。

 

 私にとって、幸せの判断は論理積ではないし、不幸の判断は幸せの論理否定でもない。

 私はどちらも論理和で判断するのだと思う。

 

 幸せか?と問われたとき。

 人はまず基準を決める。幸せか、幸せでないか。そしてその答えが当てはまる条件を探す。確実に幸せである事柄、もしくは確実に不幸な事柄を。

 どちらを基準にするかは、その人の性格によるだろう。そしてどちらが基準でも、一つでも見つかればそこではじめて、「幸せだ」とも「違う」とも答えるのだろう。

 それは論理和だ。決して論理積でなく。

 

 そして付け加えるならば、私の判断方法では、「幸せでなく、かつ、不幸でもない」状態を許す。

 問われたときに、条件としてすら思い浮かぶこともないもの。問われてもいないときに、気にもしない、普通、と思っている事柄に対してだ。

 この場合、私は設定しておいたデフォルト値を与える。

 デフォルト値は「幸せ」だ。これは人の性格には関係がない。

 「幸せ」と「不幸」は対義語かもしれないけれど、善悪のように対比されているわけではないから。

 「不幸」という言葉があらわしている。まず幸せという概念がなければ、不幸も存在しない。

 

 ちなみに彼の場合にはその状態は存在しない。

 私が「普通」と判断する事柄は不幸に含まれる。

 不幸という言葉の意味が違うのだから、仕方ないと思う。

 私が思う「不幸」と同等の意味を持つ言葉は存在しない。仮にあったとしても、やはり論理積であるのはおかしいのだ。幸せが、奇跡と同等なほどの確率でしかないものならば、対比とは言いがたい。

 

 だから私にとって、「幸せだ」という答えはやっぱり存在する。

 それをようやく納得できてほっとする。今ならば、堂々と反論もできる。たとえまた切り返されても、もうちょっと立ち向かえる。

 けれど残念なことに、その同僚とはもう全く交流はない。もう、覚えてもいないだろう。

 

 自分なりに結論を出した後、中学生の時の保険体育の授業を思い出した。

 「心身ともに健やかな場合を、健康と言うんだ。だから悩みがあるなら、もう健康じゃない。だから俺は健康だった事はない。」

 そういえば、そのときもショックを受けた。

 それについての反論は未だみつからない。健康の判断は確かに論理積かもしれないな、とも思ってしまうので、あえて考えようともしていない。

 ただ、幸福よりも健康の方が条件が厳しいなんて、思ってもみなかったけど。

 

|

« 今、幸せですか? -前編 | トップページ | はれた日は学校をやすんで -西原 理恵子 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

幸せか不幸かを1ビットで決めることに無理があると思いますよ。幸せって感覚にも、「少し」とか「凄く」とかレベルがあるんだし・・・。
総合得点が何点以上は幸せ、何点以下は不幸って感じるんじゃないでしょうか。その境界線がももんがさんの言う「基準」だと思います。

健康については、「悩みがないことは心が健やか、よって悩みがあるから心が健やかでない」という論理は短絡的です。
例えば、「今日の夕飯何にしよう」って悩んでる人は心が健やかでないって言われると違和感があります。悩みにも心に害となるものと無害なもの(もしくは有用なのも)があると思います。
また、肉体面でいえば、健康診断とかで、「××値の正常範囲は○~○○」というように範囲があります。
例えば、去年より血圧が5上がってるからといって、「高血圧になった(健康を害した)」とはいいません。

このコメントで何か参考になれば嬉しいですが・・・(^^;

投稿: みはりや | 2006年9月23日 (土) 16時47分

>みはりやさん

 貴重なご意見ありがとございます(^_^;)。
 1ビットで決めているわけではないのですが、そしてみはりやさんのおっしゃる通り、無理があるとも思いますが、あえて考えた結果なのです。元の話題が話題なのでw。

 ちなみに「総合得点」方法で基準を決める。最初は私もそう思っていました。ただ、その方法を選ぶかどうかも人それぞれなので「性格による」と書きました。説明不足ですみません。

 あくまで反論からはじまった、現在の私の考えです。
みはりやさんのように、自分はこう思う、と教えてもらえるとまた変わるでしょう。感謝ですm(__)m

投稿: ももんが | 2006年9月24日 (日) 02時02分

実は、1ビットの回答も考えたのですが、どっちにしようか迷って、上記のコメントを書きました。結構こういうの考えるの好きなんですよね。
まぁ、せっかくなんで1ビットの方も聞いてやってください。

幸せかどうかの判断は、自分にとって優先順位の最も高いものが満たされているかどうかで決まると思います。
例えば、「ケーキを食べて幸せ」って思う瞬間は、ケーキを食べることが優先順位が最も高くなり、幸せと感じる。食べ終ってしばらくすると、他の事が優先順位が高くなって、幸・不幸を判断するって感じではないでしょうか。

投稿: みはりや | 2006年9月24日 (日) 11時44分

>みはりやさんへ

 つっこみいれるようで、ホント、すみませんw。
 私と同等の意見かと思います。 前編で私が書いている、「幸せだな、と実感しているとき」の具体例にあたるかと...。

 ああ、ついつい議論せずにはいられない...w
 

投稿: ももんが | 2006年9月25日 (月) 00時01分

1ビットの回答は、単純な分岐式ではなく、優先順位制御のようなものが存在することを伝えようとしています。なお、前編のももんがさんの具体例を理論っぽくしたものだと受け取っても構いません。
また、総合得点の回答は、基準点が高ければ、論理積のようになりますし、基準点が低ければ論理和のようになります。

>ああ、ついつい議論せずにはいられない...w
じゃあ、前編のようにファミレスで遅い食事をしながら語りますか(^^)

投稿: みはりや | 2006年9月25日 (月) 00時46分

いや、だから、議論が続くとですね。
ここにこれ書いた意味なくなっちゃうんで...w

投稿: ももんが | 2006年9月25日 (月) 01時29分

ももんがさんへ

面白い話ですね。チャーリーは勝手にその同僚がももんがさんの元彼ということにしました。理由は幸せの定義を語りあうのは「愛」を語りあうようなものだから。

「幸せ」の反対語は「不幸」というよりも「不幸せ」。「不幸」の反対語は「幸福」というよりも「不幸じゃない」と感じるチャーリーは、元彼に若さを感じます。

歌にもあるように「しあわ~せ、それ~とも~、ふしあ~わ~あせ~」。それを語ることこそ愛はトラボ~。


保健体育の先生は「健康だから悩んでる」ことに気づいてないんでしょうね。心身ともに健やかなのは生起する悩みを持続的に解決していけるパワーを持ってる状態、そう感じます。先生は不健康な考え方を捨てて、もっと本を読んで勉強し、脳を鍛えるべきでしょう。

最新の脳医学では、脳はたえず異常になりつつも復元して正常域にとどまろうとするそうです。復元が効いてる間は、おそらく健康だし幸せかも。でもね幸せ感って感じ方の問題かも。

不幸をなげいてる人が幸せな人々だったりして。いろいろなファクターがありますね。

投稿: チャーリー | 2006年9月26日 (火) 04時53分

>チャーリーさんへ
 反対語をどうするか、という事がやっぱりキーとなりますよね。
 ちなみに、残念なことにそんなに色気のある関係ではありませんw。
 
 幸せは確かに感じ方の問題です。それをあえてプログラム化。不粋なことだと思いますが、案外でてくる答えは粋なものが多くて楽しいです。
 
 ご意見ありがとうございますm(__)m。 
 
 

投稿: ももんが | 2006年9月27日 (水) 00時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36039/3544352

この記事へのトラックバック一覧です: 今、幸せですか? -後編:

« 今、幸せですか? -前編 | トップページ | はれた日は学校をやすんで -西原 理恵子 »