« 親密な空気 | トップページ | がんももがポプラが秋が生活されたみたい…(BlogPet) »

2006年10月30日 (月)

オンリー・ミー -私だけを -三谷 幸喜

オンリー・ミー―私だけを Book オンリー・ミー―私だけを

著者:三谷 幸喜
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

かなり笑える...

 東京サンシャインボーイズ主宰というより「古畑任三郎」の脚本の方が有名な三谷さんはエッセイも面白い。

エッセイからみえる私生活ぶりは、三谷さんの性格のかなりの悪さを示しているのだけど、明るく笑えます。

 ただそれだけではありません。

 このエッセイ、連載として書かれていたのはもう何年も前。私は文庫本になってから買いました。

 このなかに政権の話がちょろっとあり、そこに「小泉元郵政大臣が首相になればいいのに。」というような一文が。

 しかも理由は、小泉さんの思想でもなんでもなく、「おひょいさんのようなルックスでぱっと見、えらそうでなくていい」から。

 私が買った時は、まさに小泉政権まっさかりのとき。すごい人は眼の付け所もすごい、としみじみ思いました。

 ただ、三谷さんの性格を考えるに、皆に自慢してまわらずにきっと誰かがそれを指摘しているのをわくわくして待ったんだろうなあ。

 だから遅ればせながら、ここで指摘してあげましょう。ささやかですが。

 三谷さん、すごいです。

|

« 親密な空気 | トップページ | がんももがポプラが秋が生活されたみたい…(BlogPet) »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36039/4012789

この記事へのトラックバック一覧です: オンリー・ミー -私だけを -三谷 幸喜:

« 親密な空気 | トップページ | がんももがポプラが秋が生活されたみたい…(BlogPet) »