« 嬉しいまわりを処方しなかった(BlogPet) | トップページ | 見てわかるパソコン解体新書 -大島 篤 »

2006年10月 4日 (水)

邪魅の雫 -京極 夏彦

邪魅の雫 Book 邪魅の雫

著者:京極 夏彦
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

大磯、平塚のみ、特装版で出版されているようです...。

 京極夏彦さんの代表作、京極堂シリーズは、屁理屈好きにはたまりません。

 アームチェア・ディテクティヴならぬ、「座敷憑物落とし」の京極堂と、ワトソン役にあたる小説家、関口との、長ったらしい会話が私はお気に入りです。

 その全てがかならず正論とは限らないし、もちろん、これが正しい!なんて書いてあるわけではありませんが、読むたびに、自分が持つ考えがいつも大きくゆさぶられる事は確かです。

 その複線のような会話をふまえて、事件がおこる。

 読みはじめて、妖怪=憑物にふれ、読み薦めるうちにその憑物にとりつかれ、最後に憑物おとしの作法によって、憑物はおち、目の前がすっきりする。

 こんな書かれ方をされたら、途中で読むのをやめる訳にはいきません。たとえ弁当箱のような厚さでも。

  

 今回は今までとちょっとばかりスタイルが違って最初は読みにくい印象をうけました。

 逆にいうと、再読するたびに楽しめる仕掛けが多くなっているイメージ。

 次作のタイトルは「鵼の碑(ぬえのいしぶみ)」と書いてありましたが、何年後に出版されるかわからない。

 それまで再読して楽しんでくれってことでしょうかね。

|

« 嬉しいまわりを処方しなかった(BlogPet) | トップページ | 見てわかるパソコン解体新書 -大島 篤 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

大磯で特装と正論とか雫著者とかを会話したかったの♪

投稿: BlogPetのがんもも | 2006年10月 4日 (水) 17時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36039/3682526

この記事へのトラックバック一覧です: 邪魅の雫 -京極 夏彦:

« 嬉しいまわりを処方しなかった(BlogPet) | トップページ | 見てわかるパソコン解体新書 -大島 篤 »