« TAXi | トップページ | 卑屈ないばら姫 »

2006年10月21日 (土)

昼の蜘蛛

朝の蜘蛛は、親の敵でも殺すな

夜の蜘蛛は、親でも殺せ

では、昼間の蜘蛛はどうしましょう、と、カーテンに張り付いた蜘蛛をみながら考える。

 吉本ばななさんの小説で、「私と台所だけがのこる。自分しかいないと思うよりはもうすこしましな思想だと思う」という一説がある。

今、この部屋で、動くものは自分と蜘蛛しかいないと思うのも、自分しかいない、と思うよりはちょっとコミカルですこし前向きな気がする。

だから、そっとしておいてあげよう。そう思ったとき、蜘蛛はもうカーテンから消えていた。

|

« TAXi | トップページ | 卑屈ないばら姫 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36039/3907208

この記事へのトラックバック一覧です: 昼の蜘蛛:

« TAXi | トップページ | 卑屈ないばら姫 »