« きょうは(BlogPet) | トップページ | サンタさんになるために »

2006年12月22日 (金)

恋は底ぢから -中島 らも

恋は底ぢから Book 恋は底ぢから

著者:中島 らも
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ときおりある、まじめな話が胸をうつ

 いわゆる「世間一般にほめられるいい子」でいるように育てられた私の、眼をあけてくれた作家さんが何人かいます。

 景山民夫さんの辛口エッセイ。 林真理子さんの自虐的なエッセイ。吉野朔実さんの冷静なマンガ。山田詠美さんのクールな小説。夢枕獏さんの哲学的な思想。

 中島らもさんもその一人、目をあけた後半で出会った人の一人です。

 そのふざけたエッセイはジャンルの幅がめっぽうひろく、社会派ネタ、老人ネタ、大阪ネタ、下ネタ、ドラッグネタまで様々ですが。

 実はふざけたようで、すごく深い。

  

 「恋は底ぢから」も、そんなエッセイの一つです。

 ふざけたネタのなかで、ぽつりと真面目な話が入る。

 それはとてもとてもロマンティストな恋に対する、ロマンティストで照れ屋な男の無様な思想。

 うっかりドアをあけるとそこに突然やってくる。そういう意味で恋はNHKの集金によく似ている。

 恋ははじまった瞬間からめそめそと先細っていく。そういう意味で恋はヤマイモに似ている。

 そんな文章にうっかり笑って、その後で、気づかされる。なんて真面目なエッセイだろう。

|

« きょうは(BlogPet) | トップページ | サンタさんになるために »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36039/4632149

この記事へのトラックバック一覧です: 恋は底ぢから -中島 らも:

» 景山民夫 [景山民夫]
景山民夫 の案内専門サイトです [続きを読む]

受信: 2006年12月27日 (水) 18時21分

« きょうは(BlogPet) | トップページ | サンタさんになるために »