« 断らない | トップページ | 百鬼夜行抄 -今 市子 »

2006年12月17日 (日)

ペンギンのペンギン -トム カレンバーグ,デニス トラウト

ペンギンのペンギン Book ペンギンのペンギン

著者:トム カレンバーグ,デニス トラウト
販売元:中央公論新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

彼らが大好きです

 何のはずみか知らないけれど、ペンギンが好きです。

 一度はまじめに飼おうかと思ったほど。

 けれど、この本を読んであきらめました。

 彼らはジョガーで、

 世界のあらゆる法則をみいだし、

 くしゃみからジャズを生み出し、

 愛の表現に、われわれとは違う言葉をつかう。

 彼らのあまりの偉大さに敬意を払って、置物で我慢することにします。

|

« 断らない | トップページ | 百鬼夜行抄 -今 市子 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

初めてお話します。いつもいろんな本や音楽など紹介されてて、すごいですねえ。参考にさせてもらってますが、無理しないで、でもながーく続けてくださいね!ところで、ペンギンは私も大好きで、本当に飼えたらいいなあとおもっています。前にテレビで、ペンギンと散歩して、魚屋さんでお魚を買い物させるのを見た気がします。現実はたいへんなのでしょうが、ぞうやキリンより可能性は高いのでは?そういえば、エヴァンゲリオンでも、冷蔵庫にペンギンがすんでましたよねえ。

投稿: タッチ | 2006年12月17日 (日) 08時29分

>タッチさんへ
 はじめまして。
 コメントありがとうございます。
 エヴァでは冷蔵庫に住んでましたが、日本で売っているペンギンのほとんどは赤道型なので、普通に飼えるんですよ、生臭いのだけ我慢すれば。

投稿: ももんが | 2006年12月17日 (日) 23時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36039/4574979

この記事へのトラックバック一覧です: ペンギンのペンギン -トム カレンバーグ,デニス トラウト:

« 断らない | トップページ | 百鬼夜行抄 -今 市子 »