« 恋は底ぢから -中島 らも | トップページ | 天球儀文庫  -長野 まゆみ »

2006年12月23日 (土)

サンタさんになるために

 人にあげるものをあれこれ考えるのは楽しい。

 けれど、あげられる人っていうのは案外限られていて、

値がはるものだったらもちろんのこと、気軽なものでもそう思う。

 贈られる、裏を理由を考えてしまう、考えられてしまうのでは、と思う。それは無駄に大人だからだろうか。

 クリスマスという理由があっても同じこと。

 家族と子ども以外には、うかつにサンタクロースにもなれやしない。

 

 思う相手が欲しいのはいつもだけれど、家族が恋人がほしいと思うのはこの時期くらいだ。

 誰かのサンタさんになりたいと、

 クリスマスフェアをやっている雑貨屋をのぞきながらそう思う。

|

« 恋は底ぢから -中島 らも | トップページ | 天球儀文庫  -長野 まゆみ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ももんがさんへ

Jwaveが好きでよく聴くのですが、「ユニヴァーサル・ラブ」の特集を朝の5時~7時のナビゲーター、サッシャ(ドイツ人)氏はやっていました。

欧米ではチャリティーが盛んで、特にクリスマスは。恵まれない人々の為に街頭で募金活動に従事するサンタがいるそうですよ。参考までに。

投稿: チャーリー | 2006年12月23日 (土) 06時08分

>チャーリーさんへ
 ブログの記事をみさせていただきましたm(__)m。ユニヴァーサルなクリスマス、素敵なクリスマスだと思います。
 この記事に関しては、ちょうど甥っ子へのプレゼントを選んでいて調子にのって、知り合いのあれこれに似合いそうなものを選びはじめて思った事です。
 相手の顔を思い浮かべながら、というところがキーワードだったもので(^_^;)。

投稿: ももんが | 2006年12月23日 (土) 11時00分

家族が思うってなぁに?

投稿: BlogPetのがんもも | 2006年12月23日 (土) 14時10分

がんももさんへ

家族が思うのは、みんなの仕合わせなんだ。みんなが仕合わせを思えば、きっと地球はもっとすてきな惑星になると思うよ。自分のことだけを思ってちゃダメなの。そういう考えはミサイルを飛ばしたり戦争したりすることに、なっちゃうの。

投稿: チャーリー | 2006年12月23日 (土) 17時38分

>がんももへ
...君、ほんとにツボな質問するようになったね。

>チャーリーさんへ
うちの似非A.Iペットのために、ご説明ありがとうございますm(__)m
多分、そのまま彼の頭脳に入るかとw。

投稿: ももんが | 2006年12月23日 (土) 23時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36039/4643050

この記事へのトラックバック一覧です: サンタさんになるために:

« 恋は底ぢから -中島 らも | トップページ | 天球儀文庫  -長野 まゆみ »