« 放浪記 -林 扶美子 | トップページ | 魔がさす »

2006年12月 3日 (日)

100回続けば

 からかいも、100回続けばつらくなる。

 これはからかいではなく、馬鹿にされているだけなのではないか?とふいに思う。

 そんなはずない、と考えをうちけすけれど。

 一生懸命、明るいままではいるけれど。

 本当は、失恋とおなじくらい悲しい。

 相手が男だろうが、女だろうが関係ない。ここで笑っているこの人は私を好きでいるわけじゃない、という思い込みは私をこんなに落ち込ませる。

 それは相手のせいじゃない。そういう立ち位置を選んだ私のせいなのだ。

|

« 放浪記 -林 扶美子 | トップページ | 魔がさす »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ももんがさんへ

好きな人と共にいる。望まれた場所にだけ出向く。そこが自分の居場所でないと悟ったら、二度といかない。

土曜日、本を読んでたら、あのキリストでさえ軽蔑され迫害され苦しんだ・・・というコトバに出合いました。

生身のももんがさんが受難の道を歩くのは・・・どうも。神さまならば、幸せへの道を「それがあなたの進む道」と薦めるはず。

投稿: チャーリー | 2006年12月 4日 (月) 02時40分

>チャーリーさんへ
 普段、いじられキャラです。自分でそのように仕向けている節がどうもあるのはわかってます。
 チャーリーさんの言われるような、受難の道というほど、しんどい目にあっている訳ではないのです。
 ただ、からかいがエスカレートすると、時折つらくなるときがあって、それがたまたま自分が気分的に沈んでいるときと重なって。
 
 何がつらいって、それでもその人達のことを、私は大好きなんですよ...。
 自分の居場所ではない、とは思いたくない、というのが本音なんでしょうかね。今、ふと思いました。

投稿: ももんが | 2006年12月 5日 (火) 00時02分

本当は好きではなくて、いやむしろ大嫌いで、けれどもうひとりの自分が大好きと思いたがってる・・・そういう複雑系の人間のこころというものがあるとして。

チャーリーの経験では、「だい嫌い~」とひとり叫ぶと胸がすっきりします。結局、大好きも大嫌いも強い感情であることに違いはないので。

「いじられキャラ」・・・っていうコトバ、あるんですね。ちょっといじりたくなる感じ、でしょうか?

投稿: チャーリー | 2006年12月 5日 (火) 04時15分

チャーリーさんへ
大当たりです。
 他人に対してネガティブな事を思うことはいけない、なんて規制がどうも自分にはかかっているみたいです。
 「大嫌い」って口に出していってみて、ひとしきり悲しくなったら、やっぱり、その人達が好きなんだな、って思いました。
 ありがとうございます。

 いじられキャラは、からかいよりもいじめギリギリの境目、と、書いて自分で落ち込んじゃいますが。
 多分、突っ込みをされやすい発言をする人、突っ込みをいれても大丈夫と思いたくなる感じ、なんでしょうね。

投稿: ももんが | 2006年12月 5日 (火) 22時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36039/4406499

この記事へのトラックバック一覧です: 100回続けば:

« 放浪記 -林 扶美子 | トップページ | 魔がさす »