« 何冊かの本 -何人かの作家 | トップページ | ももんがが(BlogPet) »

2007年1月13日 (土)

飛ぶ夢をしばらく見ない -山田 太一

Book 飛ぶ夢をしばらく見ない

著者:山田 太一
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

男女どちらの気持ちも、なんとなくわかる...気がする年になる

 山田太一作品の映像化がはやった時期があったようですが、その頃を知りません。

 だから、本を読んで驚きました。

 こんなにファンタジーがらみの作品が多いとは思わなかった。

 

 「飛ぶ夢をしばらく見ない」は、一人の男と一人の女の話です。

 女は、変化する。外見的に。

 その変化によって、男は、変化する前ならば嫌悪するだろう、その女の行動を受け入れるようになる。

 同じ行動なのに、身勝手な。そう思いたいところですが本能なので仕方ない。

 男も微妙に変化する。

 その変化は女とは違って内面の変化。女はそれを知ってか知らずか受け入れる。

 それはきっと、男への想いがあるから。相手がどんな風に変わろうが、彼が彼であるだけでかまわない。きっとそうだろうと、勝手に私が感じてる。

 

 飛ぶ夢は、どんなに爽快であっても不思議と目覚めはすっきりしない。

夢判断では「空を飛ぶ夢」のは現実逃避にあたる。

そんなことを知っているからかもしれないが。

|

« 何冊かの本 -何人かの作家 | トップページ | ももんがが(BlogPet) »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36039/4905259

この記事へのトラックバック一覧です: 飛ぶ夢をしばらく見ない -山田 太一:

« 何冊かの本 -何人かの作家 | トップページ | ももんがが(BlogPet) »