« 笑の大学 | トップページ | ももんがが(BlogPet) »

2007年1月20日 (土)

私以上に知っている

 答えをもらって、納得もしたから次へ進む。

 そのためには今ある「好き」を消さないと。と、思ってた。消さなければいけないことだと思ってた。

   

 ある日、気が置けない友達とお茶を飲んだ。

 その時私は、彼女の内緒の恋愛話をさんざん聞いて、少しテンションが高まっていて、だから自分の近況を聞かれたときに満面の笑みで答えてた。

 「全然。だってまだ大好きだもの。」

 ちょっと冗談のつもりだった。少し自嘲がはいった開き直りだった。

 だからきっと彼女はため息をつくだろう。もしくはあきれる。

 そう思ったのに。

 彼女は驚いたことに、嬉しそうに笑ってこう言った。

 「よかった。その開き直り方がやっぱり、ももんがさんらしいよ。」

  

 その帰り道、彼女のセリフを思い返していたら、気がついた。

 そうじゃん。

 そういえば私、好きになった人は誰一人、嫌いになっていない。どうでもいいとも思ってない。

 今、どの人が目の前に現れても、きっとこっそりどきどきする。

 あの人に限った話じゃないや。

 

 彼女は古い友人だから、ずっと以前の恋も知っている。

 私も忘れてた、元気な私の猪突猛進な恋の仕方を覚えてる、そして元気な頃の居直りっぷりを、もしかしたら私以上に知っている。

 その彼女が喜んだのだから、大丈夫。私は次にむかってる。 

 なんだ、このままでいいんだ。

 開き直って楽しくなって、笑い出したくなる。

 彼女がそっと心配してくれてた事を、いまさらながら実感ながらも、

 寒さにかじかんだ口元が奇妙にゆるむのを抑えながら、はずむように家に帰った。

|

« 笑の大学 | トップページ | ももんがが(BlogPet) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36039/4999505

この記事へのトラックバック一覧です: 私以上に知っている:

« 笑の大学 | トップページ | ももんがが(BlogPet) »