« ニコニコ日記 -小沢 真理 | トップページ | 名前をつけて保存 »

2007年2月16日 (金)

百鬼解読  -多田 克己

百鬼解読 Book 百鬼解読

著者:多田 克己
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

挿絵が京極夏彦さん

 小学校の頃、水木しげるさんは、ゲゲゲのきたろうよりも、図書館にあった妖怪辞典なるものの作者として知っていました。

 妙にリアルな妖怪と、反比例するような漫画タッチで書かれている人間の挿絵は、その妖怪にまつわる不思議な話と同じくらい印象的で、知らないうちに妖怪に詳しくなりました。

 高校生くらいの頃、水木しげるさんの妖怪辞典をまたみつけて、嬉々として買いました。

 嬉しくてまわりに自慢したら、普通にひかれました。

 今ならひいた人の気持ちがちょっとわかるけど。でもやっぱり好きなので仕方ない。

 

 この本も、妖怪を紹介している本です。

 けれど水木さんのと違うのは、民俗学?的に説明しているところ。言い伝えと、歴史と、土地固有の習慣を重ねて、この妖怪の出所を推理している。

 京極夏彦さんの「京極堂シリーズ」の、妖怪解説部分をまとめたような本です。

 やっぱり好きです。でもやっぱり人にみせたら「なんのために読むんですか?」といわれました。

 なんのためって言われても...。娯楽のためだよ。

|

« ニコニコ日記 -小沢 真理 | トップページ | 名前をつけて保存 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36039/5378451

この記事へのトラックバック一覧です: 百鬼解読  -多田 克己:

« ニコニコ日記 -小沢 真理 | トップページ | 名前をつけて保存 »