« タンノイのエジンバラ -長嶋 有 | トップページ | 百鬼解読  -多田 克己 »

2007年2月15日 (木)

ニコニコ日記 -小沢 真理

ニコニコ日記 (1) Book ニコニコ日記 (1)

著者:小沢 真理
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

子供がいる生活

 バレンタインがくると思い出すのは小沢真理さんの「プラチナの朝」という漫画にあった、女の子の話。

 調理実習で作ったチョコレートケーキを、好きな人に渡す素直な女の子。必要ないからと捨てようとする、美人だけど素直じゃない女の子。

 恋愛話だけど、恋愛そのものより友達の女の子に対する気持ちが、いじらしくてかわいらしくて、すごく好きでした。

 

 「ニコニコ日記」はキャリアウーマンが、知り合いの女の子を預かって一緒に暮らす話です。

 親子でないとはっきりわかっている分、葛藤したり、友達のようにせっしたり、でも気にかけたり。

 家族なのに、他人のような気持ちで暮らしている人達も世の中には多いでしょうが、それよりは、よっぽど暖かい。

 血のつながりなんて関係なく、一緒に暮らしていれば、気にかけていればいつか家族になる。

 それは、恋人でも子供でも同じこと。

|

« タンノイのエジンバラ -長嶋 有 | トップページ | 百鬼解読  -多田 克己 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36039/5347449

この記事へのトラックバック一覧です: ニコニコ日記 -小沢 真理:

« タンノイのエジンバラ -長嶋 有 | トップページ | 百鬼解読  -多田 克己 »