« 不都合な真実 | トップページ | 英語ができない私をせめないで!-小栗 佐多里   »

2007年2月23日 (金)

ためらいもイエス -山崎 マキコ

ためらいもイエス Book ためらいもイエス

著者:山崎 マキコ
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

きもちがわかってつらい

 山崎マキコさんの小説の主人公は誰も彼もが生きるのに不器用で、私には痛い。

 不器用さにもいろいろあるとは思うけど、不器用になる理由。その根っこにあるものが私と同じだからだ。

 

 「ためらいもイエス」は一見、キャリアなOLさん。でも中身はバリバリの不器用さん。

 仕事はなんでもそつなくこなす彼女が、おそるおそるふみだすプライベートな生活。

 ためらう気持ちをふりほどくようになんでもイエス。

 失敗も馬鹿な行動もなんでもイエス。

 そう教えてくれる相手に出会えた彼女はラッキーで。それでもやっぱり不器用で。

 そしてそれでも、イエスと言い続けるのだろう。

 どの感情もどの行動も自分だから。だから大丈夫。

 自分にもそういってあげたくなる。山崎さんの本はいつも自分がいとおしくなる。

|

« 不都合な真実 | トップページ | 英語ができない私をせめないで!-小栗 佐多里   »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36039/5451608

この記事へのトラックバック一覧です: ためらいもイエス -山崎 マキコ:

« 不都合な真実 | トップページ | 英語ができない私をせめないで!-小栗 佐多里   »