« ためらいもイエス -山崎 マキコ | トップページ | ニコニコ日記(BlogPet) »

2007年2月24日 (土)

英語ができない私をせめないで!-小栗 佐多里  

英語ができない私をせめないで!―I want to speak English! Book 英語ができない私をせめないで!―I want to speak English!

著者:小栗 左多里
販売元:大和書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

努力をしている分、せめるなんてそんな...

 「ダーリンは外国人」の著者、小栗さんのコミックです。

 「ダーリンは...」はマジャール人の旦那さんと小栗さんの生活っぷりを書いた漫画で、なかなか目からうろこでした。

 タイトルで誤解されそうですが、中身は、トニーさん(旦那さん)の超ポジティブシンキング、語学オタクならではの言葉に関する間違いなど、外国人だからという理由ではなくトニーさんのキャラだからこそなんだよ、というエピソードが満載で、そこが好きです。

 他人様と接するのはいつだって違和感を感じるのはあたりまえで、それが多いか少ないかだけ。

 それを楽しめるかどうかなんだと思います。

 

 「英語ができない私をせめないで」。タイトルでうなづいちゃう人は多いと思います。まして外国人と暮らしている小栗さんには切実かも。

 あらゆる英語の学習法をためしてくれている小栗さんのレポートは参考になります。

 それと同時に、世の中にはピンきりの方法で、お値段で、学習法があることも知ってまたびっくり。

 何ヶ国語も遊びのようにさっさと覚えてしまうトニーさんをにらみつつ、がんばる小栗さんがほほえましくてかわいい。

 

 英語を話せるようになりたいと、切実に思う人が買う本ではありません。

 でも私のように、ぼんやり思う人には楽しく読めると思います。

|

« ためらいもイエス -山崎 マキコ | トップページ | ニコニコ日記(BlogPet) »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事