« バランス | トップページ | チャンプ »

2007年2月27日 (火)

あんず林のどろぼう -立原えりか

あんず林のどろぼう Book あんず林のどろぼう

著者:安田 隆浩,立原 えりか
販売元:岩崎書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この泥棒は幸せだ

 小さい頃、向かいの家の入り口に、大きな大きな杏の木がありました。

 7月、道に山ほど落ちてくる杏を拾って、小さな蟻をよけながら食べるのは毎年の当たり前の行事でした。

 花よりだんごとはよくいったもので、あの頃、杏の花をみた覚えがありません。

 

 大人になってから勤めた場所の近くは、「杏の里」として観光地化されているところでした。

 遠くからみると林檎の花に似ているような、でも近くでみると全然違う。淡い色がついた杏の花が一面に咲いている景色は、圧巻でした。

 

 だから、「あんず林のどろぼう」が、あんず林にまぎれこんでうろたえる気持ちはよくわかる。

 桃源郷は桃の花、グリーンゲイブルズは林檎の花にかこまれているけど、それに負けないくらい、あんずの花も強力だと思う。

 それこそ、どろぼうが泣きむせぶほどに。

 どろぼうが、どろぼうでなくなってしまうほどに。

|

« バランス | トップページ | チャンプ »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36039/5501675

この記事へのトラックバック一覧です: あんず林のどろぼう -立原えりか:

« バランス | トップページ | チャンプ »