« 花冷え | トップページ | いじめの時間 -江國香織、角田 光代 他 »

2007年3月 8日 (木)

日輪の遺産

日輪の遺産 Book 日輪の遺産

著者:浅田 次郎
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

どこまで本当?

 史実を基にした小説、しかも実在の人物が登場してくる小説を読むたびに不思議に思います。

 そのセリフは、どこまで根拠があるのか。

 どの登場人物までが本物か。

 そしてどこまで本当か。

 いくら小説とはいえ、実在の人物を書くにあたって、あんまり嘘八百は書くわけにもいかないだろうに。

 もし嘘八百ならば、ゴシップ記事と同じ。時間軸がずれていれば許されるというわけでもないでしょう。

 

 だから、この「日輪の遺産」も気になる。

 同じく浅田次郎さんの「シェラザード」も史実が元だけど、船の名前等かえているからまだいいだろうに。

 こちらはマッカーサーがでてきちゃってる。そして戦犯になった方々の名前も。

 同じく終戦のごたごたを白州次郎関連の書物でも読んでいたため、余計に気になる。

 それくらい、この小説は真実味がある。おもしろい。

|

« 花冷え | トップページ | いじめの時間 -江國香織、角田 光代 他 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花冷え | トップページ | いじめの時間 -江國香織、角田 光代 他 »