« ギター弾きの恋 | トップページ | 鋼の錬金術師 - 荒川 弘 »

2007年3月26日 (月)

昨年の桜

 夜桜を楽しむには、あんまりこころもとない咲き始め。

 でも、あの桜の木をどうしてもみたかった。

 去年、泣くことすらまだできずにいた頃、満開の桜を目の前にしてベンチに座りほうけてた。

 あの場所に、同じBGMで座ることは、いくらなんでもちょっと自己陶酔すぎやしないかと自分に思っていたけれど。

 雨上がりの月とセットならば、自分に言い訳ができる。

 あの時は昼で今は夜で、まだ枝ばかりが目に付く桜ではなく、その向うの上弦の月をみるだけだもの。

 回り道をしながら小一時間散歩をしてようやく座ったベンチで、その言い訳が本当であることを知る。

 同じBGMを聞きながら、しみじみ不思議に感じた。

 時間をかけた結果、つらいのになれたわけでも寂しいのになれたわけでもなかった。ただ懐かしく思うようになった。

 あんまり懐かしくて、その懐かしさがいとおしくて泣けてくる。 

 泣けたこと。泣く理由が違うこと。

 その二つの点で、去年より、私は多分幸せなのだと思った。

|

« ギター弾きの恋 | トップページ | 鋼の錬金術師 - 荒川 弘 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ギター弾きの恋 | トップページ | 鋼の錬金術師 - 荒川 弘 »