« とありますが(BlogPet) | トップページ | シェルタリング・スカイ »

2007年5月19日 (土)

不気味の谷

 理性でしている恋愛と、感情でしている恋愛は何か違う。

どちらもありだと思う。いけないとは思わない。ただ私は後者のほうを求めてる。

 だから前者をもつ相手ならば。

 せめて全く違ってほしい。あきらめて、たまに一致する部分を楽しむから。

 微妙に違うのは、やりきれない。あきらめがつかず、そして不自然さが目に付いて嫌悪して、ため息をつく。

 後者と見分けがつかなければ、いっそだましつづけてほしい。それは後者である、と。前者であると言われても、逆に私は信じはしないかもしれない。それがイコールな人もいるだろう。

 

 ロボット工学に「不気味の谷現象」という考えがあります。

 ロボットが人間に近づくにつれ、人はそのロボットに対する親近感はあがる。けれどあるラインからは親近感が落ちる。全く見分けがつかなくなるほど人間に近づくとまたその親近感はあがる。「不気味の谷」とはその親近感の増減するポイントのことです。

   
 私にはその理論も批判も容易に理解ができる。

 ロボットに、限った話じゃないのだ。

|

« とありますが(BlogPet) | トップページ | シェルタリング・スカイ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ももんがさん

理性でしてる恋愛と、感情でしてる恋愛・・・その言葉に反応したチャーリーです。

恋愛は色恋沙汰と思ってるチャーリーは、恋愛は感情の暴走しかないと思ってました。

理性で恋愛を仕掛けられれば逃げたいですが、欲望する恋愛の場合の方が、相手を信じられそうです。


投稿: チャーリー | 2007年5月19日 (土) 23時41分

>チャーリーさん
 理性でしているような恋愛は恋愛じゃないだろう、と思っていました。
 でも、そうでない人達もいることはいて、彼らはそれを恋愛だと信じてる。ならば彼らにとってそれは本当なのかな、と。

 私も理性で仕掛けられたら逃げたいです。でも理性で応えられたらどうしたらいいんでしょうね。(^_^;)。

投稿: ももんが | 2007年5月20日 (日) 10時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« とありますが(BlogPet) | トップページ | シェルタリング・スカイ »