« リミット -野沢 尚 | トップページ | 姫椿 -浅田 次郎 »

2007年7月14日 (土)

着床

 妊娠というものは、実はものすごく確率が低いのだ、という話を聞いた。

 受精できる期間がそもそも短い。

 これは知っている。排卵は28日に一度、長くて48時間。

 受精しても着床するまでの約7日~10日。

 これは知らなかった。そしてこの間に、かなりの頻度で死んでしまうことも。

 着床してはじめて妊娠、という言葉になる。

 流産という言葉も、着床後から使う。

 

 妊娠と恋愛は、まったく何て似ているのだろう。

 受精から着床まで。そのあいまいな期間は、確かに恋愛でも存在する。

 そう感じた後、考える。

 今、恋が終わるなら、それは失恋か、それとも別れというべきか。

 妊娠と違って、検査キットも、定期健診もあるわけでなし。

 「おめでとうございます。」といわれるわけでもなし。

 私には着床しているのかどうかが、まずわからないのだから。

|

« リミット -野沢 尚 | トップページ | 姫椿 -浅田 次郎 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リミット -野沢 尚 | トップページ | 姫椿 -浅田 次郎 »