« 滋養抱負 | トップページ | 奇跡の海 »

2007年7月 6日 (金)

しゃばけ -畠中 恵

しゃばけ Book しゃばけ

著者:畠中 恵
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この素敵な妖怪たち

 本屋に行って、新しい作家さんを発掘するとき。

 平積みなっていたりポップをあてにするときもありますが、基本的には地道に自分で探します。

 背表紙をただ眺める。手に取る。後ろに解説がちょろっと書いてあったりするとそれを参考にする。

 ぱらぱらとめくり、その隙間から感じるもので判断して買う。

 そんな感を頼りにすることがほとんどですが、それでも知らない間に好みはあります。

 私の場合だと出版社。新潮社と講談社の本は当たりが多い、気がする。なんとなくですが、後々作家買いをしていくような本になることが多いです。

 それから受賞作品。特にファンタジーノベル大賞と文藝賞。これに選ばれるものは大抵私の好む作品が多いです。

 

 「しゃばけ」は、シリーズ化して平積みで売られているのを横目で気にしつつ、ずっと買っていませんでした。妖怪はやっているからなあ、そう思って意固地になってました。

 妖怪ものは京極作品をこよなく愛しているため、ただの偏見です。

 でもこの間、ふと手にとってそれがファンタジーノベル優秀賞だと知り、即、購入。

 やっぱり、今回も間違いはありませんでした。

 おもしろい。

 主人公を守る犬神と白択。主人公になついてる、各種妖怪。

 けれど、当の主人公といったら、金持ちのボンボンのうえ、身体がむやみに弱くて、ろくに生活もおくれない。

 ただ、この主人公、自分の甘さ、恵まれた環境をよく理解していて、いばりも、逆に卑屈にもならない。弱音を吐けない環境にためいきをつきながら、ただ芯だけが強くなっていく。

 そんな主人公を見守る妖怪たちが本当にキュートで、まわりの人達もみな、いい人で。

 誰も彼もが人がいい。優しい目をして笑っている。そんな雰囲気をもつ世界は、本当にファンタジーという言葉にふさわしい、上等な世界でした。

 

 

|

« 滋養抱負 | トップページ | 奇跡の海 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 滋養抱負 | トップページ | 奇跡の海 »