« 18 Til I Die - Bryan Adams | トップページ | もち切りすいか庖丁 »

2007年8月 4日 (土)

半月でも

 夏がようやくやってきて、散歩のお供もホットからアイスに変わる。

 見上げる空には、ようやく月がみえる。

 今日はまだ、満月にはほどとおい。

 けれど眼鏡を外してみれば、ぼやけた月は幾重にも重なって私の眼には、満月。 

 

 本当は別の理由があるとか、

 実はうそだったとか、

 そういう事を考え出したら、きりがない。

 どれも本当でどれも嘘で、それでもやっぱり事実は一つ。

 ならば見方ひとつ変えて歩けばいいじゃないかと、暗い自分に叱咤する。

 半月でも、見方ひとつで満足できるタチなのだから。

|

« 18 Til I Die - Bryan Adams | トップページ | もち切りすいか庖丁 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

心が沈んだとき、暗いときにプラス思考に切り替えるのは1つの才能だと思います。ちょっと大げさですかね(^^

蛇足ですが、半月に見える月でも実際は丸い。眼鏡をはずした時のほうが真実に近いものが見えるって何だか不思議ですね。

投稿: みはりや | 2007年8月 4日 (土) 20時52分

>みはりやさん

本当にさくっと切り替えられるなら、いいのですが(^_^;)

たしかに、実は丸い。みはりやさんに言われるまで思い出しもしませんでした。本当にそうですね。
ありがとうございます。

投稿: ももんが | 2007年8月 5日 (日) 09時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 18 Til I Die - Bryan Adams | トップページ | もち切りすいか庖丁 »