« なりふりかまわず | トップページ | KIWI シューシャインキット »

2007年9月27日 (木)

少年 -ビートたけし

少年 (新潮文庫)

少年 (新潮文庫)

著者:ビートたけし

少年 (新潮文庫)

目線が既に映画

 北野武監督作品は、気が向いたら観る程度のファンですが、結構好きです。

 叙情的なものはもちろんヤクザ系の作品にも、北野さんの映画にはいつも、いい感じで隙間がある。

 それはただ、セリフがない、とか、風景が映し出されているということではなく、観ながら何か個人的な思いにひたることができる、絶妙な間。

 本人も忘れていた何かを引き出すことができる。やはり北野さんってすごいのだな、と感じる瞬間です。

 

 今まで小説の方は読んだことがありませんでした。

 たまたま本屋で、この「少年」を手にとりました。

 読みやすい文体ですが、少しだけ書きなれていない雰囲気を感じます。最初の小説だからでしょう。

 文章が、まるでシナリオのノベライズ化のように感じるのは先入観かもしれません。

 けれど、最初の短編のこの表現。

 「光がダンスをしているような一日だった」

 秋のうららかな日をあらわす文章の中の、この一文に、なぜだかすごくハッとしました。

 ありそうで、ない文章。

 そして小説全体の雰囲気も、ありそうでない優しい目線のものでした。

 

|

« なりふりかまわず | トップページ | KIWI シューシャインキット »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

隣ってなに?

投稿: BlogPetのがんもも | 2007年9月30日 (日) 14時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なりふりかまわず | トップページ | KIWI シューシャインキット »