« Junior Sweet -Chara | トップページ | しゃべれどもしゃべれども -佐藤 多佳子 »

2007年11月 7日 (水)

葉桜の季節に君を想うということ -歌野 晶午

葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫 う 20-1)

葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫 う 20-1)

著者:歌野 晶午

葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫 う 20-1)

古風なタイトルがミソ

 やりたい事に、年齢など関係ないと思っている。

 けれど、世間が許さない時がある。大抵の場合、世間が許さないだろう、と自分自身が縛っているだけだけれど。

 不思議な事に、他人がちょっと世間様と外れた事をしているとすぐに非難する人ほど、 自分がやりたい事にためらっている時は背中を押したがってもらう。

 なんだかな、と思いつつ、そういう時には素直に背中を押してあげることにしている。

 やりたい事をやればいい、それが健やかにすごす方法だとも思っているから。

 

 

 この「葉桜の季節に君を想うということ」。ネタばれになってしまうので詳しくは書かないけれど、この主人公の気持ちに賛同します。

 嘲笑われるかもしれない、けれど誰も邪魔などしないのだ。

 やりたい事をやるのが一番いい。いつだってそう思う。

|

« Junior Sweet -Chara | トップページ | しゃべれどもしゃべれども -佐藤 多佳子 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

世間標準から相当ずれてるチャーリーです。大学の頃は親友の彼女から「宇宙人のようだ」と云われていました。

最近になって、やはり世間相場に比べて、自分は少々規格外だと理解できるようになったのは、成長したせいでしょう。

「やりたい事をやる」には、それこそ才能だと思います。世間を敵に回すことも・・・。

だって、世間はやりたい事をやらせたくないものですから・・・。

投稿: チャーリー | 2007年11月 8日 (木) 15時25分

>チャーリーさん
 私もずっと世間と戦ってきましたがw。
 それでもやっぱり、やりたいことをやったほうがいいですよ。
 (^^ゞ

投稿: がんもも | 2007年11月11日 (日) 00時27分

>がんももちゃん

がんももちゃんも、ずうっと世間と戦ってきたの?

世間はね、外にあるんじゃなくって、自分の心の中にあるものなんだよ。

本当はね、世間なんて、ないさ。

投稿: チャーリー | 2007年11月13日 (火) 21時16分

>チャーリーさん

すみません。うっかり、ぼけてて、がんももの名を騙ってしまいましたm(__)m

...本物のがんももはきっと、世間と戦うほどには、世間のことをきにしていないはず...(ーー;)

投稿: ももんが | 2007年11月17日 (土) 20時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Junior Sweet -Chara | トップページ | しゃべれどもしゃべれども -佐藤 多佳子 »