« フィラデルフィア美術館展 | トップページ | 素直なんかじゃない »

2007年12月27日 (木)

間宮兄弟 -江國 香織

間宮兄弟 (小学館文庫 え 4-1)

間宮兄弟 (小学館文庫 え 4-1)

著者:江國 香織

間宮兄弟 (小学館文庫 え 4-1)

この兄弟を支持します

 木登り、ざりがに釣り、とんぼとり。屋台の金魚つり、ヨーヨーすくい、三角くじ。 

 漫画を歩きながら読む。歌いながら歩く。買い食いをする。

 今でもやりたいそのどれもが、今やると変わり者扱い。

 すごく不思議です。

 興味があった事に興味がなくなる。楽しいと思わなくなるタイミングは一体なんなのだろう?

 かつて同じ趣味を持っていた友達が、いつの間にか趣味からとおざかっている。

 「時間がなくて」とみな言うけれど、興味そのものもなくなっているのがはっきりわかる。

 なくなったのは、時間が先か興味が先かわからないけど。

 彼らはいつ、どんなタイミングで遠ざかってしまうのか。

 私にはどうしてそのタイミングがこないのか。

 

 ずっとそう思っていたので、この「間宮兄弟」を読んだとき、彼らの生活をとてもうらやましく思いました。

 それと同時にちょっと怖くなりました。

 変わり者に拍車をかけることを許されちゃった気がして、間宮兄弟にみならって、自分も同じ生活をしてしまいそうになってしまう。

 

|

« フィラデルフィア美術館展 | トップページ | 素直なんかじゃない »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ももんがさん

あけましておめでとうございます。

2008年が、ももんがさんにとって素敵な年になりますようにと願っています。

投稿: チャーリー | 2008年1月 1日 (火) 12時11分

チャーリーさん

あけましておめでとうございます。
昨年はチャーリーさんにはお世話になりっぱなしでした。本当にありがとうございます。
チャーリーさんも、チャーリーさんらしい素敵な一年になりますように

投稿: ももんが | 2008年1月 3日 (木) 01時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フィラデルフィア美術館展 | トップページ | 素直なんかじゃない »