« 空のオルガン -竹坂 かほり | トップページ | 六星占術 平成20年 開運暦カレンダー - 細木 数子 »

2008年1月18日 (金)

赤毛のアン - モンゴメリ

赤毛のアン

赤毛のアン

著者:モンゴメリ,村岡 花子

赤毛のアン

 白い花と緑ひろがる場所ではねまわる赤い髪

 実家には、「赤毛のアン」が二冊ありました。

 小学生用の少し優しくかかれたものと、中学生用らしい原作をそのまま訳したもの。

 どちらにも少しだけ挿絵がついていて、そのどちらをみても今一歩わからなかったもの。

 それはアンの憧れた「ふくらんだ袖」のドレス。

 挿絵をみると、片方はお姫様のような膨らみ方の袖で、片方は袖が3つに絞られていてまるで芋虫。

 今思うと「膨らんだ袖」とは、最近はやりの「パフ・スリーブ」で、そのふくらみは緩やかなものなのでしょうが、当時の挿絵の人は時代背景などまで考えてはいないのでしょう。

 挿絵をみてもどうしても、かわいい服には思えませんでした。

  

 そして今でも読むたびに感じること。

 アンは確か、赤や水色の服にも憧れていたはずなのに、どうしてリンド夫人は濃い茶色の服を作ってあげたんだろう?

 確かに赤毛の彼女には茶色の方が似合っていたのかもしれないけれど、それでも一度くらい、カラフルな洋服を作ってあげてもよかったんじゃないか、と思う。

 アンのためにマシューががんばるこの章は大好きですが、それだけがちょっと不満です。

|

« 空のオルガン -竹坂 かほり | トップページ | 六星占術 平成20年 開運暦カレンダー - 細木 数子 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 空のオルガン -竹坂 かほり | トップページ | 六星占術 平成20年 開運暦カレンダー - 細木 数子 »