« ツレがうつになりまして。 -細川 貂々 | トップページ | ゴダイゴ・グレイト・ベスト1 »

2008年3月18日 (火)

頭がいい人、悪い人の話し方 -樋口 裕一

頭がいい人、悪い人の話し方 (PHP新書)

頭がいい人、悪い人の話し方 (PHP新書)

著者:樋口 裕一

頭がいい人、悪い人の話し方 (PHP新書)

読んでいて反省...

 年度末が近づいて、経理なお仕事をしているわけでもないのに驚くほど仕事が忙しい。

 年齢が年齢なので仕方ないのだけれど、管理職的な仕事が増えてきてます。

 上から

下から挟まれる中間管理職に自分がなりつつあることに、少しとまどいながらも、やるしかない。

 とまどいつつも気づくこと。

 うざったいと思うほどの監視の眼があるほうが、人は気合がはいるという事。

 下にいて、文句を言いながら仕事することの、気楽さったらないということ。

 指導側についてはじめて気づく。指導している側だって指導なんてしたくない。

 文句を言われても、それが言い訳なだけだってわかってる。

 わかって言ってることに、どうか気づいてほしい。

 それは「親の心、子知らず」にちょっと似ている気持ち。

 

 この本の、「悪い人の話し方」で思い出すこと多々あり。

 それは話す相手のことではなく、自分自身の話し方。悪い人なのかしらと落ち込みつつ少し反省。

 

|

« ツレがうつになりまして。 -細川 貂々 | トップページ | ゴダイゴ・グレイト・ベスト1 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ツレがうつになりまして。 -細川 貂々 | トップページ | ゴダイゴ・グレイト・ベスト1 »