« 華麗なる一族 山崎豊子 | トップページ | 逢瀬 »

2008年3月24日 (月)

あさきゆめみし -大和 和紀

あさきゆめみし―源氏物語 (1) (講談社漫画文庫)

あさきゆめみし―源氏物語 (1) (講談社漫画文庫)

著者:大和 和紀

あさきゆめみし―源氏物語 (1) (講談社漫画文庫)

源氏物語の入門編として最適

 源氏物語の原本はほんの少し、古文の授業でみた程度です。

 忠実といわれる与謝野晶子訳、評価が高い瀬戸内寂聴訳、翻訳に等しい円地文子訳、田辺聖子訳、自ら「窯変」と命名うってる橋本治訳。

 現代語訳はどれも魅力的ですが、根性がなくて読んでいません。

 けれど大体のすじを知っているのは、この「あさきゆめみし」のおかげ。

  

 源氏物語の漫画化。と一言でいうと簡単ですが、実際、書くのは本当に苦労したそうです。

 今では骨董品にあたる調度品、平安時代の家屋のつくり、様々な柄の着物。

 現代の私たちが原文で読んでもイメージしにくい。しにくいどころかできない部分を、この漫画は、できるだけ忠実に再現しているそうです。

 和歌のやりとりも、直接的な意味と裏の意味もきちんと、でもさりげなく書かれている。おかげで、平安時代の彼らの恋が、どれだけレベルの高いものかをも知ることができました。

 

 中途半端に映像化するより、はるかにリアルで美しい平安時代が描かれた、名作だと思います。

|

« 華麗なる一族 山崎豊子 | トップページ | 逢瀬 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 華麗なる一族 山崎豊子 | トップページ | 逢瀬 »