« いぬのえいが | トップページ | ケツノポリス6 -ケツメイシ »

2009年5月26日 (火)

ブラック:ティー ー山本文緒

ブラック・ティー
バラの名前です

 小学生の頃、近所の酒屋でお菓子を万引きしていました。

 していました。つまり、一度や二度ではありません。でも10回には満たない回数だったと思います。

 手に入れたお菓子は、100円未満の駄菓子です。小学生にとって、100円以上のお菓子は高価で、恐れ多かった。

 万引きは犯罪ですが、もしお金を払っていたとしても、家にもって帰ってばれたら、買い食いの罪です。つまり、そのお菓子は二重の罪をもつものでした。

 お小遣いをもらっていなかったといえど、駄菓子を買うくらいのお金はありました。スリルを求めていたわけでもありません。

 第一、顔見知りの近所のお店です。もしかしたら、お店の人は知っていたのかもしれません。

 

 この本は、そういう、自分にとって心苦しい罪の数々を思い出させる短編ばかり。

 犯罪になるもの、犯罪ではないもの、そのどちらの場合も、主人公の心の奥底で、「悪いこと」と知っている、もしくは思っているが共通点。

 誰だって、思い出すとチクリと痛い罪がある。それは棘で、決して針のようではないけれど、でも、決して抜けない。

 その棘は皆がもっている。でも、だからといって正当化されはしない、あくまで個人的な痛み。それを抱えて、皆、生きている。

 山本さんの本は、いつもそうだ。やりきれないものを直視させる。

 

 小学生の私はある日、決心して、万引きにいっていたお店にいった。

 そしてお菓子の並ぶ棚のすみに、500円札をたたんで置いてきた。

 罪滅ぼしのつもりのその行為すら、最後まで正直に謝れなかった卑怯な思い出として、今、棘になっている。

|

« いぬのえいが | トップページ | ケツノポリス6 -ケツメイシ »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

きょうがんももは、すみ罪滅ぼしされた!

投稿: BlogPetのがんもも | 2009年5月26日 (火) 16時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いぬのえいが | トップページ | ケツノポリス6 -ケツメイシ »