« 2009年9月 | トップページ | 2011年5月 »

2009年10月 1日 (木)

四季 春 -森 博嗣

四季 春 (講談社文庫)

著者:森 博嗣

四季 春 (講談社文庫)

考えなくてはいけないのが悔しい

 普段、会話が弾む相手は、例えば同じ趣味を持っている人、そうでない場合は同じ価値観を持っている人。

 そしてそれ以上に話しやすいのは、知識レベルが同じ事。それは差別するつもりはなく、どうしようもない事。当たり前の事。

 そんな事をこの本を読んで実感しました。

 それまでそんな事を意識してませんでした。気づいたのは森さんのFシリーズを読みすすめてからです。

 主人公の心の動きが、考えないと共感できない、すんなり理解できない。

 それは森さんの書き方のせいじゃない。私と主人公の知識レベルに雲泥の差があるからだ。認めるのは悔しいけれどそう思います。

 ただ、Fシリーズにはまだ遠慮が感じられる。知識レベルが低い、私のような読者にも、考えればわかるように、少しレベルを落としてくれている。

 それはおそらく、楽しい作業ではないでしょう。いい例えではないけれど、大人が小学生にわかるように会話をしてくれている、違う趣味の人に専門用語を説明しながら趣味の話をしてくれている。それと同じ事だから。

 

 でも、この四季シリーズでは、目線を下げてくれる事をしてくれていない。

 それは「スカイ・クロラ」を読んだ時も感じていた。

 ただ、「スカイ・クロラ」が舞台の世界観を「既にわかっている事」としているのに対し、四季シリーズは、主人公の知識レベルを「読者と同じレベル」とみなしてしまっている。

 だから悔しい。

 スカイ・クロラはかろうじて主人公の気持ちによりそう事ができる。

 けれど、真我田四季にはよりそえない。とてもとてもついてゆけない。

 考えてわかるようでは、本当にはついてゆけない。すんなり共感できるには、持って生まれた感覚が優れていないと無理なのじゃないかと思うほど。

 自分がそれを持っていない事を、ほとほと悔しい気分になりながらも、それでも読んでしまう。

 それこそ、大人の話をこっそり盗み聞きしている子供の気分で。

 わからないなりにも、少し背伸びできたような気分で。

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2011年5月 »