« 大事なもの | トップページ | Speak Now -Taylor Swift »

2011年6月27日 (月)

海のふた -吉本ばなな

海のふた (中公文庫)
名嘉睦稔さんの版画も美しい

 
 私は何度も再読するほど好きです。

 ばななさんの本の感想はいつも自分の言葉でうまく説明できないので、あえて(なっているかわからないけれど)ばななさん風に説明するなら、
 「夏の日に海がきらきら光ってる、その光はどれも一瞬だけれど、ずっと続いていて、思い出すたびに、そのまぶしさに目を細めたくなる」気持ちになります。
 
  
 ところで、タイトルにもなっている「海のふた」は原マスミさんの曲だそうですが、私はその曲をいまだ聴いていません。

 残念な事に、本にも掲載されている歌詞と、私の読後感がしっくりこないから。
 
 私の読み方が間違っているだけかもしれない。聴けばわかるのかもしれない。

 そう思うのだけれど。
 
 この読後感の気持ちよさを手放してしまうのではなくて、やっぱり聴く気になれません。

|

« 大事なもの | トップページ | Speak Now -Taylor Swift »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大事なもの | トップページ | Speak Now -Taylor Swift »