« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月30日 (木)

村田エフェンディ滞土録 -梨木香歩

村田エフェンディ滞土録 (角川文庫)
奇妙にバランスのとれた小さな世界
 
 実家は神棚が7つもあるような家でした。それに朝はお茶、ご飯を炊いた時には焚きたてを一さじ、神棚と仏壇に供えるのは小さい頃の私の役目。
 
 だから父のお客様が、神棚にむかってかしわ手を打つ私をみて感動していても、当時は全くわかりませんでした。当たり前の事じゃないか、と。
 
 育っていくうちに、だんだん違いを感じました。
 
 お盆や正月のたびに大げさにお迎えしたり、サトイモの葉から露を集めて七夕の短冊用の墨をすったりするような事は、決して当たり前ではなく、理由も説明できない。
 
 だけど身体にしみついてしまった風習なのだから、仕方ないし、第一、嫌いじゃない、とも。  

  
 職場に外国人がいた時もありましたが、基本的に国際交流と呼べるような人間関係を築いたことがありません。
 
 けれど、海のむこうか、そうでないか、の違いで、同じ事なのだと思います。
 
 文化の違い、と、一くくりにはできないくらい根底に流れるものが違う人達。
 それを「そういうものだ」とどれだけ自分が受け止められるかによるのだろうか、それにつきる。

  
 この本の村田エフェンディ。
 トルコに留学中の村田、という名前だけが、梨木さんの他の作品「家守綺譚」に出てきていて気になっていたので、見つけたときは、これか!と喜びました。
 
 明治の時代にトルコに留学した考古学者が、イギリス人の管理する家に下宿し、下宿人仲間のギリシャ人、ドイツ人、召使のトルコ人と交流をする滞在記。
 
 簡潔に書いてしまえば、これで事足りてしまうけれど、こんな説明では片付けられない。
 
 自国の神と異国の神、古いものと新しいもの。侵略と自衛。不思議な事と不思議でない事。
 村田エフェンディはとまどいながらも全て受け止めて、でも流されない。
 それは「家守綺譚」の主人公と同様の静かさだ。
 
  
 異なる意見を持ちつつ、時には憤慨もするけれど、決して相手を諌めはしない。意見が合わない事と、性格が合わない事は別のことと思えばこその友情は、読んでいて気持ちがいい。
 いや、友情とも、もしかしたら違うのかもしれない。
 ギリシャ人のディミトリスのセリフ。「私は人間だ。およそ人間に関わることで私に無縁なことは一つもない。」が全てを語ってる。 

| | コメント (0)

2011年6月29日 (水)

明治東京畸人伝 -森まゆみ

表紙画像がなかったのでリンク…

 いつの頃からか、「明治、大正、昭和初期の、旧江戸の下町」というものにあこがれるようになりました。
 
 自分が田舎の出身だからでしょうか。最初は、下町=「一番の都会の人」というイメージでの憧れだったかと思います。
 
 それに加えて「はいからさんが通る」「レディ・ミツコ」の漫画から、明治という時代も気になって。
 
 それがいつしか組み合わされて、私の中でダントツに妄想がかきたてられる世界となりました。
 
  
 煉瓦づくりのモダンな建物、まがい物などなかったから本物しかない「舶来品」。それでいて、夏の夜、縁台に座って浴衣で夕涼みもするような、昔ながらの日本文化も残っている。
 
 谷崎作品や淀川長治さんの文章にでてくる、きらびやかだったころの浅草、森茉莉さんのエッセイにある、千駄木観潮楼での生活などは、うっとりします。
 
 私の中の明治をますます豪華にしてくれました。

 
 
 「明治東京畸人伝」には、その夢のような「明治の下町」にふさわしい登場人物、もちろん実在した人物を何人も紹介してくれている。
 
 上野動物園園長、東京音楽学校奏楽堂の設計者、殿様作曲家、不忍池のほとりに写真館をたてた写真師。
 
 しかもそれは必ず、谷中・根津、千駄木等、下町とよばれる土地のどこかとかかわっての紹介だから。
 
 この本のおかげで、私の「明治」はますます魅力的になってしまった。
 
 
 この本は「これこれこういう人がいた」という説明ではなく、森さん自身が調査した際の話も踏まえた文章なので、今の下町の情景もみえてくる。
 そこがまた私にはたまらない。

| | コメント (0)

Speak Now -Taylor Swift

Speak Now
お人形さんみたいな顔にやられました
 

 最初にみたのは飛行機に乗っているとき、そなえつけの雑誌にインタビューが載っていました。
 
 かわいい女の子に弱い私に、ど真ん中なかわいさ。しかもインタビューでの受け答えは骨太な感じ。
 
 実際の曲はどんなだろう?と思っていた矢先の去年、来日されて、TVでその歌声をはじめて聴きました。
 
 
 ジャンルはカントリーとのことだったけど、思いの他、「可愛い」ロック風。しっかりとメロディを踏んでいくような、堅実な、決して嫌ではない懐かしさ。
 
 このアルバムは3枚目。1,2枚目はカントリー色がも少し強い。
正直、そっちの方が好みではあるけれど。
 
 でもこのアルバム収録の「マイン」は私にとって思い出の曲だから代表してこのアルバムを。
 
 歌詞の甘さと盛り上がりがちょうどよくて、結婚式に使わせてもらったから。

| | コメント (0)

2011年6月27日 (月)

海のふた -吉本ばなな

海のふた (中公文庫)
名嘉睦稔さんの版画も美しい

 
 私は何度も再読するほど好きです。

 ばななさんの本の感想はいつも自分の言葉でうまく説明できないので、あえて(なっているかわからないけれど)ばななさん風に説明するなら、
 「夏の日に海がきらきら光ってる、その光はどれも一瞬だけれど、ずっと続いていて、思い出すたびに、そのまぶしさに目を細めたくなる」気持ちになります。
 
  
 ところで、タイトルにもなっている「海のふた」は原マスミさんの曲だそうですが、私はその曲をいまだ聴いていません。

 残念な事に、本にも掲載されている歌詞と、私の読後感がしっくりこないから。
 
 私の読み方が間違っているだけかもしれない。聴けばわかるのかもしれない。

 そう思うのだけれど。
 
 この読後感の気持ちよさを手放してしまうのではなくて、やっぱり聴く気になれません。

| | コメント (0)

2011年6月26日 (日)

大事なもの

 昔、大事なものというか、優先順位1位は、仕事だった。

 でも身体を壊してから、それから優先順位の1位を「自分」にするよう、一生懸命、自分に言い聞かせた。

 そうして、しばらくの間、私の優先順位の1位は「自分」だった。

 

 転職活動そうそう、ウェルカムといってくれる職場があり、それは私の望む仕事でもあったけれど。

 やりがいのある仕事であればあるほど、責任も生じる。せめて3年は気合をいれて、きちんと会社に貢献しなければ失礼だよ、と、仕事モードの私が言う。
 
 やりがいのある仕事からは手を引こうと決めたはずじゃないか。仕事を家に持ち帰るような仕事はしばらくやらないはずじゃないの?と、プライベートな私が言う。

 そして、そもそも今、大事なものはなんなのか、と、二人の私が私に問うてくる。

 

 今の優先順位1位。それは「これから現れるかもしれない家族」だ。
 
 しかもそれは3年以上すぎたら、いや今だって会えるかわからない家族。
 
 
 大事なものが、いつの間にか変わっている事に、今更気づく。
 
 相変わらず私は気づくのが遅すぎる。
 
 けれど、遅すぎないでよかった。
 
 そう思いながら、その職場にごめんなさいをする。 

| | コメント (2)

2011年6月25日 (土)

ねこタクシー

映画版 ねこタクシー DVD
御子神さんがあいらしすぎる

 動物を題材にした作品、特に「文部省推薦」の香りがするものは、どうもあざとい気がして観るのに躊躇することが多いです。

 このねこタクシーもそうかな、と、借りる時に少し思いましたが、そうでもありませんでした、よかった。

  

 これはあくまで「タクシー」の話。タクシーの運転手さんが、「御子神さん」という名の猫と一緒にすごそうと、頑張る話。

 少し無気力感ただよう主人公が、「御子神さん」に出会ってから、決してメキメキではなく、少しずつ、本当に少しずつ瞳に力が入り、根性がでてきて、元気になってゆく姿が、とてもみていて気持ちがいい。

 「御子神さん」が何をするわけではない。御子神さんはただタクシーで気持ちよくすごしているだけなのも、とてもよい。

  

 お客に猫アレルギーがいたら、とか、洋服に毛がつくよ、とかは、考えちゃいけない。
 
 これはあくまでおとぎ話。でも、もしかしたら、本当にあるかもしれない、と、思わせるたぐいの、優しいおとぎ話なのだ。

| | コメント (0)

2011年6月16日 (木)

髪結いの亭主

髪結いの亭主 デジタル・リマスター版 [DVD]
「髪結い」という名称もまた色っぽい

  高校生の時だっただろうか。

 「ぴあ」で大々的にとりあげられていて、気になって観ました。

 そして、当時はさっぱりわからなかった。
 

 これは、「髪結いの旦那」になりたくてなった男とその妻の話。

 主人公の男の願いは、私からみたら軟弱そのものだったし、妻がラストに行う行動の理由もイマイチ理解できなかった。

 なのに、なぜだろう。 この映画の監督、パトリス・ルコントの作品はこれ以降、なぜか気になって観てしまっている。

 幸せを、閉じ込めてしまいたい。

 今の幸せを信じ続けるのが怖くて仕方ない。

 この監督の映画はどれもそんな贅沢にも不幸にも感じる気持ちが入っている。

 

 髪結いの亭主の最後の最後。

 全く理解できなかったはずなのに男がダンスのステップを踏むシーンだけは、なぜか共感した。

 それはとても幸福そうに、みえた。

| | コメント (0)

2011年6月14日 (火)

年下の女ともだち -林真理子

年下の女友だち (集英社文庫)
一歩さがったつもりの目線

 昔から、恋愛事の相談はされるほうでした。
 
 自分のアドバイスなんて、なんぼのものか。自分に覚悟さえあれば、好きなようにやるのが一番なのだ、と、前置きしてますが。
 
 前置きした上で、それでもあれこれ意見をいってしまうあたり、まだまだかっこよくないなあ、自分。
 
 
 最近は10以上年下の女友達から、相談をうけることが多いです。
 年下だろうと、相談の中身は同じ。悩むところもみな同じ。
 実際は相談でなく、報告なところも。
 
 違うのは私の対応。
 昔、自分に経験がない頃は書物からだった根拠が、今は少しは増えた経験からになりました。
 そして、彼らの心の動きを楽しんだりもして。
 
 
 だから、この短編集の、語り手の気持ちが少し痛い。
 相談をうけているのは昔と同じなのに、自分が詮索好きな中年女に思えてしまう。
 いや、確実に自分の一部はそうなのだと、認めずにはいられない。
 友達を通じて、疑似恋愛を楽しんでいるのは確かなのだと。

 
 
 じゃあせめて、相手の不幸を望むような女にはなりたくないものだ、と自戒をしてしまう。

| | コメント (0)

2011年6月12日 (日)

劇団夢の遊眠社 COLLECTOR' S BOX

NODA・MAP番外公演 表に出ろいっ! [DVD]
画像がないため、野田MAPの画像...

 今まで出ていなかった、夢の遊民社のDVD。知らないうちに発売されていました。

 すごく嬉しい。

 すっかり「御大」になられた野田さんが、まだまだ若い!そして汗をとびちらせてせりふをいう姿、集中しすぎて目がいっちゃっている顔がまた観れる!

 何本かの芝居が入っていますが、やはり好きなのは「半神」と「贋作 桜の森の満開の下」。

 特に「贋作~」のプロローグとエピローグ。
 うっとりとした顔で、「桜の、花が咲くんだよ」というシーンはなんど観てもドキドキする。その静けさに、感動する。

| | コメント (0)

ルウルウはちいさなともだち -小沢真理

床下の小人たち―小人の冒険シリーズ〈1〉 (岩波少年文庫)
画像がなかったので、代わりに元ネタを。

 「借りぐらしのアリエッティ」が公開されると知った時、思い出したのは原作の「床下の小人たちではなく、小沢真理さんの漫画「ルウルウはちいさなともだち」でした。
 小沢さんのこの漫画も、元ネタというか、下地は「床下の小人たち」。  
 日本の家に住み着いた借り暮らし、ルウルウが、病弱な女の子と仲良くなる話です。
 
 ただ、原作の持つ、イギリス独特のちょっと「湿った感じ」はこちらの話にはまったくなくて、少女らしい、かわいらしい話。
 この話が雑誌に掲載されたとき、私は中学生で、小沢さんの書く、人間の物を活用しまくったルウルウの部屋がかわいくてかわいくて、夢中になりました。
 ドールハウスなんかより、もっと、この「借り暮らしの部屋」をすごく再現したかった。
 
 「借り暮らしのアリエッティ」はまだ観ていませんが、おそらく私の中では、この「ルウルウ~」には勝てないと思います。
 小沢さんの、メモのような説明書きつきのあの部屋と、ルウルウのこまっしゃくれたかわいさは中学生の頃だったから余計印象強かったのだし、第一、テーマの違うアリエッティがそのかわいさを持っているとは思えないもの。

| | コメント (0)

2011年6月11日 (土)

ささやかな不幸

思い出すたび胸が苦しくなる思い出を持っている。
 
思い出す度にせつなくなるこの気持ちが、つらくならなくなる日が来るのだろうか、と、その当時は思っていた。
 
今はもう、つらくはない。
 
でも、まだ胸は苦しくなる。切なくてもどかしい、どうしようもない気持ちにはなる。 
 

 
多分、私は今、幸せなのだ。きっと。
 
昔の痛みをひっぱりだしてきて、ささやかな不幸を味わうほどに暇なのだ。
 
そう自分に言い聞かせる。
 
未練があるから苦しいのだ、とは認めたくないから。
 
この苦しみが消えてしまうのが、惜しい、と思ってもいるから。

| | コメント (2)

2011年6月10日 (金)

未知との遭遇

未知との遭遇 スペシャル・エディション [Blu-ray]
今更ですが...

 E.T.を最初にみてしまったせいか、あのメロディは知っているくせに、この映画を今までまともにみていませんでした。

 ツタヤの名作シリーズにならんでいたので、ようやく観ました。

 観たことある人にとっては、本当に今更なんでしょうが。

 なんて美しい映画なんだろう。

 聴覚で、視覚でうったえるメッセージ。 招待された人々の衝動的な行動と、招待されなかった人々のきわめて現実的な対応。

 招待されていないことをみとめる科学者と、みとめられない政府の人。

 でも全ての人がうっとりとしてしまうあのラストの、美しい音のやりとり、あの宇宙人との交流シーン。

 

 ちなみに。

 最初に不思議ありき。現実をはさんで、最後はやはり不思議で終わる。

 他の小説でもよくみられるこの作り。この映画が元ネタなんだろうか。それだけが、ちょっと疑問。

| | コメント (0)

2011年6月 8日 (水)

パエトーン -山岸涼子

ブルー・ロージス―自選作品集 (文春文庫―ビジュアル版)
現在、無料で閲覧ができますが、こちらの本にも掲載されてます

 福島原発問題が発生したとき、まっさきに思い出したものは、山岸涼子さんが書かれた「パエトーン」でした。
 
 原子力発電所の存在を疑問に感じながらも、そもそも原発の仕組みとはどういうものなのかを、マンガで実にわかりやすく説明されていた。
 
 もう20年以上前の作品のようですが、山岸さんの、勇気ある行動と原発の恐ろしさをしみじみ感じた覚えがあります。
 
 この「パエトーン」が現在、特別公開として無料でWEB閲覧ができます。

 特別公開 山岸涼子「パエトーン」 

 まったくの素人が「原発の全てが悪い」とは言い難い。 電力の恩恵をうけている一人として、責任は自分にも必ずある。
 
 だからこそ、節電でもなんでもするから、どうか、安心を増やしてほしい、と思います。

| | コメント (0)

2011年6月 6日 (月)

ザ・フェイム -Lady Gaga

ザ・フェイム-デラックス・エディション-(DVD付)
実はお嬢ということも後で知りました

 ワイドショーネタから最初に名前を知ったため、偏見でまともに曲を聴いてませんでした。

 でも、某CMソングの「Porker face」があまりに耳につき、ようやく視聴。
 
 しまった、早く聴いていればよかった。
 

 80年代が好きな人には抵抗なく聴けるレトロさ加減、なのに確実に80年代ではなく新しい。
 
 どの曲も耳になじみやすく覚えやすいのに、決して飽きてしまうタイプでもない。
 
 なんだろう、これは。不思議な感じ。
 
  
 このアルバムをウォークマンに入れて、自転車に乗ってお出かけをしたのですが。
 
 最初から聴きやすいノリのよさ。何度も聞き込んだ初期のマドンナの曲を聴いているような気分で聴ける。
 
 しかも、そのときの晴天で、その青空のBGMにもよくあう、まるでカーペンターズを聴いているときのような心地よさ。
 
 なのに、それでいて「今どきな曲」を聴いてる感にもひたれるし。
 
 
 参りました。誤解してすまなかった。
 謹んで「ガガ様」と呼ばせていただきます。

| | コメント (0)

2011年6月 5日 (日)

チョコレート革命 -俵万智

チョコレート革命
深くて怖い

 物を生み出す人々の、原動力が必ず日常ではないとしても。
 
 例えば作家ならばいくらでも「フィクション」です、とごまかせるかもしれない。
 
 けれど歌人、という立場の方々は、日常のさまざまなシーンをきりとるだけに、ごまかしようがない気がする。
 
 そう思うとこの時期、俵さんは、つらい恋をしていたのか。
 
 そのつらい気持ちを歌に昇華する。秘めた気持ちをあらわにする。
 
その気持ちを鎮める行為は、でも日常をなお、つらくはしないのだろうか。
 
 そんな心配をしたくなるほど、「チョコレート革命」には切ない歌が多い。
 
 
 
 この本の読み手と同じ立場だった事がある。

 そんな頃、この本に載せられているこの句を読んで苦しくなった。

 「妻という安易ねたまし春の日のたとえば墓参に連れ添うことの」

 外側からみた自分は、こんなに哀れなのか、と、ぞっとしたのを覚えている。

 ぞっとしながらも、俵さんの、同じテーマの句をむさぼり読んだ。
 
 それもまた、哀れな事だと今なら思う。
 
 

| | コメント (0)

2011年6月 4日 (土)

フォース・カインド

THE 4TH KIND フォース・カインド 特別版 [DVD]
最後までだまされました

 宇宙人とか、地球外生命体とか、そういう話は大好きです。
 
 宇宙のどこかには実際に存在すると思います。
 
 ただし、宇宙人の話を信じるかは別の話。
 
 それが全て宇宙人の仕業とは丸ごと信じられはしないけれど、けれど、全ての不思議を信じたいなと思います。

 

 だから、この、「フォースカインド」も、ちょっとどきどきして、みました。
 
 ドキュメンタリー形式のこの映画。
 
 全てが真実とは思わなかったけれど、モキュメンタリーだったんだ。
 
 なんとなく、信じたかったのだけれどな。

 

| | コメント (0)

2011年6月 2日 (木)

光の帝国 -恩田陸

光の帝国 常野物語 (常野物語) (集英社文庫)
悲しい、ではすませられない

 中学の頃の美術の教科書に、「光の帝国」という名のマグリットの絵が載っていました。
 
 明るい青空と逆光になったような家の影、そして影の中で灯されている街灯。

 絵の美しさにまずひかれて、上下で昼夜逆転されていることに気づきませんでした。

 その不思議さに一目ぼれし、それからマグリットは大好きな画家になりました。
 
 
 同名のこの本は、だからタイトルにひかれて手にとりました。
 
 これは不思議な能力を持つ常野一族の物語。
 
 彼らはその能力を誇示することなく、けれど隠れて暮らすわけでもなく、ひっそりと普通の人々の中に埋もれて暮らしている。
 
 自分の能力に気づかない場合もある、人々に誤解されることもある。そして狙われる事も。
 
 それでも、「常に在野にあれ」の名前の由来のとおり、彼らはいつもそこにいる。静かに、戦っている。
 
  
 この本は短編集で、「光の帝国」はその一本。
 
 あの絵と張り合おうなんて。読み始める前はそんなプチ敵対心をもっていたことは確かです。
 
 でも読み始めて、すぐにそんな気持ちは消えました。
 
 だって、これは確かに「光の帝国」。 
 
 彼らが唱えるお祈りの言葉はまばゆすぎて目がくらむ。

| | コメント (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »