« 髪結いの亭主 | トップページ | 大事なもの »

2011年6月25日 (土)

ねこタクシー

映画版 ねこタクシー DVD
御子神さんがあいらしすぎる

 動物を題材にした作品、特に「文部省推薦」の香りがするものは、どうもあざとい気がして観るのに躊躇することが多いです。

 このねこタクシーもそうかな、と、借りる時に少し思いましたが、そうでもありませんでした、よかった。

  

 これはあくまで「タクシー」の話。タクシーの運転手さんが、「御子神さん」という名の猫と一緒にすごそうと、頑張る話。

 少し無気力感ただよう主人公が、「御子神さん」に出会ってから、決してメキメキではなく、少しずつ、本当に少しずつ瞳に力が入り、根性がでてきて、元気になってゆく姿が、とてもみていて気持ちがいい。

 「御子神さん」が何をするわけではない。御子神さんはただタクシーで気持ちよくすごしているだけなのも、とてもよい。

  

 お客に猫アレルギーがいたら、とか、洋服に毛がつくよ、とかは、考えちゃいけない。
 
 これはあくまでおとぎ話。でも、もしかしたら、本当にあるかもしれない、と、思わせるたぐいの、優しいおとぎ話なのだ。

|

« 髪結いの亭主 | トップページ | 大事なもの »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 髪結いの亭主 | トップページ | 大事なもの »