« パエトーン -山岸涼子 | トップページ | ささやかな不幸 »

2011年6月10日 (金)

未知との遭遇

未知との遭遇 スペシャル・エディション [Blu-ray]
今更ですが...

 E.T.を最初にみてしまったせいか、あのメロディは知っているくせに、この映画を今までまともにみていませんでした。

 ツタヤの名作シリーズにならんでいたので、ようやく観ました。

 観たことある人にとっては、本当に今更なんでしょうが。

 なんて美しい映画なんだろう。

 聴覚で、視覚でうったえるメッセージ。 招待された人々の衝動的な行動と、招待されなかった人々のきわめて現実的な対応。

 招待されていないことをみとめる科学者と、みとめられない政府の人。

 でも全ての人がうっとりとしてしまうあのラストの、美しい音のやりとり、あの宇宙人との交流シーン。

 

 ちなみに。

 最初に不思議ありき。現実をはさんで、最後はやはり不思議で終わる。

 他の小説でもよくみられるこの作り。この映画が元ネタなんだろうか。それだけが、ちょっと疑問。

|

« パエトーン -山岸涼子 | トップページ | ささやかな不幸 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パエトーン -山岸涼子 | トップページ | ささやかな不幸 »