« もしもし下北沢 -よしもとばなな | トップページ | こびとづかん -なばた としたか »

2011年10月17日 (月)

からくり侍セッシャー1

DVD からくり侍 セッシャー1 初回限定特別版DVD−BOX

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2011/12/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

YouTube からくり侍 セッシャー1 第一話 動画

テーマ曲がまたはまる

 友人から教えてもらって、はまりました。
 
 これは静岡テレビでやっていたヒーロードラマ。残念な事にこの間、最終回だったようですが、Youtubeでは観る事ができる。というか、静岡県民ではないのでYoutubeでしかみられない。
 
 からくり侍セッシャー1は、江戸静岡説を唱えるお茶目な教授?が作った、からくりで動き、携帯電話を電源とするヒーローで、基本的に教授を守るのが指名。
 
 でもなかなか悪者がいないので、商店街でバイトをしたりもする。
 
 この時点で、ヒーロー物といいつつ、ターゲット層が大人であるのがありありとわかる。
 
 教授のすべりっぷりや、教授の弟子のへたれっぷり、娘の傍若無人っぷりは、マニアな大人の笑いのツボだもの。
  

 でも、ちゃんと悪役もいる。
 
 商店街を起点に地球侵略をたくらんでいるスプラッシュ星人なるものがいて、結果的にそいつと戦う事が多い。
 
 で、この戦い、駿河区商店街の、実際にある一店舗がいつも舞台で、実際の従業員さんが演技もしてる。
 
 この時点で、駿河区商店街の地域貢献度マックス。
 
 地元がテレビにでてる、知り合いがテレビにでている、なんていったら、確実にみたくなるし。
 行ったことないお店でも、雰囲気がわかるから行ってみようとも思う。
 
 
 
 中途半端な予算で大手民放がつくるようなドラマにせず、ターゲットと基本コンセプトだけしっかりみすえて、思いっきりローカルにしてしまった所がすばらしいと思う。
 
 と、真面目に考えたりもするけれど。
 
 
 でも、やっぱりこのドラマの魅力は、話のくだらなさが突き抜けてるところ、思いっきりすべっているところ、ディラン効果満載のテーマソングかなあ...。
 くだらなすぎて、本当に素敵。セッシャー1、万歳!

|

« もしもし下北沢 -よしもとばなな | トップページ | こびとづかん -なばた としたか »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もしもし下北沢 -よしもとばなな | トップページ | こびとづかん -なばた としたか »