« こびとづかん -なばた としたか | トップページ | LOST »

2011年10月20日 (木)

オカマだけどOLやってます。完全版  -能町 みね子

オカマだけどOLやってます。完全版 (文春文庫)
私よりもはるかに「よくいるOL」な気がする
 
 ずっと以前から、オカマさん、オナベさんは、水商売や芸術関係くらいしか、受け入れられる職業はないのだろうかと思ってました。
 
 性別が逆転してしまっているだけで、エンジニアになりたい人も、事務員さんになりたい人も、営業をやりたい人もいるだろうに。
 
 でも実際は皆無に等しい。それは性同一障害、という言葉が世間に認知される前も後も、かわりません。 
 
  
 タイトルにひかれて少し立ち読みし、その後、文庫化されているのを知って買いました。
 
 能町さんも、堂々と性別をあかしてOLをはじめたわけではありません。まだ性別が男だった頃、申告欄に「未選択」にて入社しています。現在は実際に性別を変更しているようですが。
 
 彼女のOL風景、それから日々の細々とした生活は、女子的にはすごくささいな事なんだけど言われてみれば、というようなOL独自の世界。
 
 オカマさんだけどあくまで「普通の生活」をしている能町さんにすごく好感を持ち、かつ、同じような生活をしたいオカマさんは多いだろうな、と感じました。
 
 皆、別に派手な生活をしたいわけじゃないものねえ。 
 
 
 昔、勤めていた会社で、おしゃれの為に女物の服をきている男性がいましたが、皆に受け入れられてました。
 
 タイ国では「第三の性」として十分に市民権を持ち、教師とか事務員とか、普通の職業についているそうです。
 
 性を扱った職業でない限り、性別なんてどうだっていいじゃん。という社会に、なってほしいな、と、つくづく思います。

|

« こびとづかん -なばた としたか | トップページ | LOST »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こびとづかん -なばた としたか | トップページ | LOST »