« LOST | トップページ | 森に眠る魚 -角田光代 »

2011年11月 1日 (火)

多重人格探偵サイコ  -田島 昭宇,大塚 英志

多重人格探偵サイコ (1) (角川コミックス・エース)
ペンでさらりとかかれた画がなお、えぐい

 「パタリロ」の最初の方のコミックスには、巻末にパタリロとは全く異なる短編がついていて、不思議怖いその短編が、私は結構好きでした。
 
 その中のひとつに、誰も真似できないほどの花を咲かせる花屋の話がありました。
 
 「サイコ」の一巻を読んだとき、その話を思い出しました。
 
 ぎょっとなりました。
 
 ぎょっとした理由は、「人間を含む生き物を養分にして花を咲かせようという考えを思いつく人が他にもいるんだ」ではありません。

 「この作者はもしかして、パタリロのあの話を読んだのかもしれない。そして、ちょっとやってみたい、なんて思ってしまったのかもしれない。私のように。」と、感じたからです。
 そして、やってみたい、なんて思ったかつての自分を思い出したからです。
 
 
 そのエピソードは「サイコ」の本筋とはあまり関係はありません。
 
 「サイコ」は、多重人格の果てに生まれた特別な人格「雨宮一彦」をめぐる物語です。
 
 でもこの、規制がかからないか心配になるような思想や、エグいシーンのはずなのに綺麗にみえてしまう画はどうしても、パタリロのあの話を思い出さずにはいられない。
 
 
 
 
 

|

« LOST | トップページ | 森に眠る魚 -角田光代 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« LOST | トップページ | 森に眠る魚 -角田光代 »